ウイルスに感染(かんせん)するのはどういうとき?

コンピュータウイルスは、メールのてん付ファイルやURL(ユーアールエル)をクリックしたり、SNS(エスエヌエス)でメッセージをもらったり、ウェブサイトを見たりして感染します。心当たりがないメールやメッセージ、ファイルなどは開かないこと、あやしいウェブサイトなどは見ないことが大切です。

そのほか、USB((ユーエスビー)メモリやファイル共有ソフト、ニセのウイルス対策(たいさく)ソフト、不正なアプリなどからも感染することがあります。信らいできないサービスやアプリなどは使わないようにしましょう。

ウイルスの主な感染経路(けいろ)
図:ウイルスの主な感染経路(けいろ)