ネットいじめは何がこわいの?

いじめは小学校や中学校で多く起きています。いじめの中でも、ネットいじめも増(ふ)えてきました。ネットいじめとは、インターネットを使ったいじめのことです。

ネットいじめには、いろいろな種類があります。たとえば、SNS(エスエヌエス)をなどで悪口を書いたり、無視(むし)したり、仲間はずれにしたり、他の人に見られたくない写真を投こうしたりするいじめがあります。

また、けい示板などに個人情報(こじんじょうほう)を書いたり、なりすましていやがらせを書きこんだりするいじめもあります。

ネットいじめがこわい理由

ネットいじめは、ネット以外のいじめよりもたちが悪い面があります。ネットいじめは、いつも持っているスマホなどで利用するSNSでも行われています。学校だけではなく、家にいても休日でもいじめられるので、精神的(せいしんてき)に追いつめられます。書きこんだことはずっと残る上、他の人に広めるのも簡単(かんたん)で、多くの人に見られてしまいます。SNSによっては、参加者しか見られず、検(けん)さくなどもできないので、いじめがあったことが外からわからないものもあります。

どれも、他人を追いこむひどい行いです。

相手に正しく伝えよう

いじめようと思わなくても相手を傷(きず)つけたり、けんかになることがあります。それは、SNSでのやり取りがとてもむずかしいからです。

SNSの多くは、文章でやり取りします。文章だけでやり取りするのは大人でもむずかしく、トラブルになりがちです。SNSだけですべてやり取りしようとせず、かおを合わせたコミュニケーションを大切にしましょう。

文章でのやり取りは思った以上に相手にはきつく感じられることもあります。必ず送る前に読み返すようにしましょう。また、相手がいやな気持ちになることは絶対(ぜったい)に書かないようにしましょう。

いじめられたら相談しよう

いじめられていると思ったら、まわりの大人に相談しましょう。先生や保護者(ほごしゃ)に相談したり、もし言いにくければ相談機関に相談したりするのもおすすめです。

いじめは悪いことです。いじめられた人は悪くありません。いじめた人が悪いのです。いじめはだれがされても苦しいものです。苦しいならがまんしなくていいのです。

ネットいじめはすぐに相談しよう
図:ネットいじめはすぐに相談しよう