とく名なら大じょう夫?SNS(エスエヌエス)での発信

SNSなどには、とく名(自分の名前を出さずにニックネームで使うこと)で使えるサービスがあります。

とく名でも個人(こじん)の特定は簡単(かんたん)

「とく名でかお写真も公開しなければ、SNSで何を書いても大じょう夫」と油断(ゆだん)している人がいます。つい油断してこうげき的になったり、他の人の悪口を書いたり、自分のひみつを書いてしまう人はたくさんいます。

しかし、あるアカウントの持ち主はだれかを特定するのは、実はとても簡単です。他のSNSなどインターネット上の情報(じょうほう)や投こうからわかる個人情報を参考にすると、名前や住所、学校名などは簡単にわかってしまいます。

その結果、個人情報をインターネット上にさらされてしまったり、責任(せきにん)を問われて会社をクビになったりした人もいます。書きこみにおこった人が、書きこんだ人を特定して探(さが)し出(だ)し、暴力(ぼうりょく)をふるった事件(じけん)も起きています。

とく名でも問題のあることは書かないこと

たとえとく名でも、他の人に知られて困(こま)るようなこと、だれかがいやな気持ちになるようなことは、絶対(ぜったい)に書かないようにしましょう。

写真からだけでもいくつもの個人情報が分かる
図:写真からだけでもいくつもの個人情報が分かる