パスワードはどうやって決めればいいの?

パスワードはすべてちがうものにしよう

ID(アイディー)とパスワードが必要なサービスはたくさんあります。しかし、IDとパスワードをすべて同じものにしてしまうと、一つがもれるとアカウントを乗っ取られてしまうこともあります。

どのサービスもちがうIDとパスワードにして、だれにも教えないで管理しましょう。IDとパスワードを忘(わす)れてしまうとログインできなくなるので、紙に書いてだれにもわからないところにしまっておくと安心です。

安全なパスワードは?

推測(すいそく)されやすいパスワードはとても危険(きけん)です。たとえば、誕生日(たんじょうび)、電話番号、初期パスワードのまま、ユーザー名やアカウント名と同じ、名前そのままなどが代表的な危険(きけん)なパスワードです。

そのほか、「123456」「password(パスワード)」「baseball(ベースボール)」など、数字のならびそのままやよくある英単語などはパスワードに使うと大変危険です。

最低8文字以上に長くしたり、大文字小文字や数字をまぜたものにしたり、簡単(かんたん)に推測されないパスワードにすると安心です。

パスワードは知られてしまうと大変!
図:パスワードは知られてしまうと大変!