生体認証(にんしょう)って何?

生体認証って何?

生体認証とは、人間の身体や行動の特ちょうを使って、個人(こじん)を認証する技術(ぎじゅつ)のことです。バイオメトリック認証などとも呼(よ)びます。

指もんや目のこうさい、筆せきなどは、人によってちがいます。そこで、そのようなものを使って個人が認証できるというわけです。

パスワードより安全な生体認証

パスワードは本人でも忘(わす)れてしまったり、他の人にぬすまれてしまったりすることがあります。その点生体認証ならそのような危険(きけん)は少ないので、他の認証方法と比(くら)べると安全と考えられています。

銀行のキャッシュカード、建物への出入り、パソコンの認証などに使われています。

SNS(エスエヌエス)での流出に注意

ただし、カメラの画素数(がそすう)が上がってしもんまで読み取れるようになったため、ピースをした写真をSNSなどで公開すると悪用される危険(きけん)があると言われています。しもんはもれてしまうと変えることができず、取り返しがつかないからです。

生体認証の例
図:生体認証の例