増(ふ)えるシェアリング・エコノミー

シェアリング・エコノミーって何?

モノ・技術(ぎじゅつ)・空間・お金などをインターネットプラットフォームを使って人と人との間で貸(か)し借りや売り買い、交かんすることで生まれる経済(けいざい)の動きを、シェアリング・エコノミーといいます。

ほしいものは買うのではなく、必要なときに借りればいいとか、ほかの人と共有すればいいという考えが広がっています。そのような人同士を引き合わせるサービスもたくさん生まれています。

たとえば、以下のような分野でサービスが生まれています。

  • 空間:住宅(じゅうたく)のあき部屋などをとまる場所として貸し出す民ぱくサービスなどのホームシェア、ちゅう車場、会議室の共有。
  • もの:人と人との間で利用していないものを共有するサービス。フリマ、レンタルサービス。
  • 技術:家事代行、かいご、育児、知識(ちしき)、料理などの技術の共有。
  • お金:クラウドファンディングによる多数からの出資(しゅっし)。
スマートフォンのGPS(ジーピーエス)などのICTを活用すると住所などを伝える必要もなくなる
図:スマートフォンのGPS(ジーピーエス)などのICTを活用すると住所などを伝える必要もなくなる