商品のやり取りのしくみが変わる

時間と場所の制約をこえる-「市場の拡大(かくだい)化」

インターネットがない時代には、あるモノを買いたいときに、それがどこに売っているのかを調べるのはとても大変でした。もし遠くはなれた地のお店に売っていることが分かっても、それを注文したり買ったりするためには、それなりの手間や時間・お金が必要でした。しかしインターネットを利用することによって、欲(ほ)しいモノを探(さが)すことが簡単(かんたん)になり、売っている人やお店に対していつでも注文できるようになっています。
かつて音楽を楽しむときには、お店でCDをこう入するか、レンタル店で借りるのがふつうでしたが、現在(げんざい)ではインターネットを利用して世界各地のサイトからいつでも音楽を聞けるようになっています。
こうした商品のやりとりをする「市場」が身の回りの地いきから世界中に広がっていくようなげんしょうを「市場の拡大化」ということができます。

インターネットの利用によっていつでもどこでも簡単に買うことができるようになった
図:インターネットの利用によっていつでもどこでも簡単に買うことができるようになった

規模の制約をこえる-「市場の細りゅう化」

ICT(Information and Communication Technology:インフォメーション・アンド・コミュニケーション・テクノロジー)のふきゅうによって、これまではある程度の大きさがなければ成立しなかった小さな取引が成立するようになり、新たな「ニッチマーケット」を作り出しています。
インターネットがふきゅうする前は、遠くはなれた場所に住む一部の人だけが欲しいと思うようなめずらしい商品を、その人だけに届(とど)けるというビジネスはお金や手間などがかかるためとても難(むずか)しいものでした。ところが、ICTによって個人(こじん)や少数のニーズにあわせて色々な種類の商品を少しずつ生産するロングテール市場が成立するようになりました。

ニッチ市場とロングテール
図:ニッチ市場とロングテール