ICT(アイシーティー)が産業をこわしている?

デジタル・ディスラプション(デジタルによる破(は)かい)

たとえば今、アメリカでは町から小さな本屋さんが次々となくなっていると言われています。これはインターネットでどんな本でも簡単(かんたん)に買えるようになったことで、町の本屋さんで買う人が少なくなったためです。このようにインターネット関係のサービスを提供(ていきょう)する新たな会社が市場に入ってくることで伝統的(でんとうてき)な会社が市場から出ていかなければならなくなる事例が出てきています。このように伝統的な産業が破かいされることを、「デジタル・ディスラプション」といいます。

デジタル・トランスフォーメーション

あらゆる産業にICT(Information and Communication Technology:インフォメーション・アンド・コミュニケーション・テクノロジー)が一体化していくことは、「デジタル・トランスフォーメーション」と呼(よ)ばれています。これは、スウェーデンの大学教授(だいがくきょうじゅ)のエリック・ストルターマンが提唱(ていしょう)したがい念で、「ICTが行きわたることが人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させること」です。
デジタル・トランスフォーメーションと、これまでの情報化(じょうほうか)/ICT利活用では、何がちがうのでしょうか。これまでの情報化/ICT利活用は、すでに確立(かくりつ)された産業に対して、その産業を効率化(こうりつか)したり価値(かち)を向上させたりするために使われるものでした。一方で、デジタル・トランスフォーメーションは、産業のビジネスモデル自体を変えていきます。
たとえば、銀行でもICTを利用して、インターネット上で銀行の手続きなどができるオンラインバンキングや決済(けっさい)のシステムを構築してきました。しかしこれはあくまで、もともとある銀行の仕組みをより便利にするためのシステムでした。
これに対して最近では、銀行から「フィンテック」と呼ばれるサービスが提供されるようになってきています。フィンテック(FinTech)とは金ゆうのファイナンス(Finance)と技術のテクノロジー(Technology)を組み合わせた造語(ぞうご)で、金ゆうサービスとICT技術(ぎじゅつ)を結びつけたさまざまな動きを指す言葉です。フィンテックのサービスにはたとえば、スマートフォンでお金を支(し)はらう電子決済システムなどがあります。こうした金ゆうサービスとICT技術を組み合わせたサービスを提供するフィンテックき業は金ゆうサービスを提供するき業であると同時にICTサービスを提供するき業でもあります。このようにICTは伝統的な産業の仕組みを新しいかたちに変えています。

従来の情報化/ICT利活用とデジタル・トランスフォーメーションのちがい
図:従来の情報化/ICT利活用とデジタル・トランスフォーメーションのちがい