未来に向けた高性能化:「5G」

移動(いどう)通信のシステムは、通話などの音声中心のアナログ通信である1Gから始まり、パケット通信に対応した2G(ツージー)、世界共通の方式となった3G(スリージー)、今のLTE-Advanced(エルティーイー-アドバンスド)などの4G(フォージー)と性能がよくなってきました。これに続く次世代のネットワークとして注目されているのが5G(ファイブジー)、つまり第5世代移動通信システムです。

5Gは、2020年頃の実現(じつげん)を目指して、世界各国で実験などの取組みが進められています。

5Gによる通信の高速化
図:5Gによる通信の高速化

1Gから4Gまで、通信速度は速くなってきました。5Gはさらに通信速度が速くなりますが、それだけではなく「多数同時接続」「ちょう低ち延(えん)」といった特ちょうを持っています。4Gまでは基本的(きほんてき)に人と人とのコミュニケーションを行うためのツールとして発展してきましたが、5Gはあらゆるモノ・人などがつながるIoT時代の新たなコミュニケーションツールとしての役割(やくわり)を果たすこととなります。

「多数同時接続」とは、基地(きち)局1台から同時に接続できるたん末をこれまでに比(くら)べて大はばに増(ふ)やせるということです。たとえば、これまでは自宅(じたく)でPCやスマートフォンなど数個てい度に接続するだけだったのに対して、5Gによって100個てい度の機器やセンサーを同時にインターネットに接続することができます。 つまり、倉庫に保かんされた多数の物品の位置や中身をはあくしたり、災害(さいがい)時に多くのひなん者にウェアラブルたん末を着けて健康状態を別の場所から確認(かくにん)するなどの使い方もできるというわけです。

「ちょう低ち延」とは、通信ネットワークにおけるち延、つまりタイムラグをとても小さくおさえられるということです。たとえば、自動運転のように高い安全性(あんぜんせい)が求められるものでは、リアルタイムの通信が必要です。また、ロボットの遠かく制ぎょや遠かく医りょうといった分野においてもちょう低ち延の効果(こうか)があるでしょう。

このように、5Gは来るべきIoT時代の重要な土台となるものです。実現すれば、コミュニケーションが変化したり、新たなビジネスの進展(しんてん)につながるかもしれません。

5Gで期待されていること
図:5Gで期待されていること