増(ふ)えるデータトラフィックと国境(こっきょう)を越えるデータ

世界的にデータの流通量が増えています。ネットワークを流れる情報(じょうほう)のことをトラフィックといいます。

Cisco(シスコ)によると、世界のトラフィックは2017年から2020年にかけて約1.9倍に増えています。2020年には、1か月あたり228エクサバイト(EB:10の18乗バイト)まで増えると予測(よそく)されています。

世界のトラフィックをコンシューマー(家庭や大学など)と会社などのビジネスに分けて見てみると、コンシューマーが全体の約80%とトラフィックのほとんどをしめています。

2016年のコンシューマートラフィックのうち70%はビデオでした。その割合(わりあい)は、2020年には80%まで広がると予測されています。

世界のトラフィックの推移及び予測(セグメント別)
図:世界のトラフィックの推移及び予測(セグメント別)

データは、国境を越えて流通しています。このデータ量は急激(きゅうげき)に増えています。会社の事業活動が国際的になる一方で、国境を越えたデータ流通を規制する動きがあります。「データローカライゼーション」に関する法律(ほうりつ)が生まれています。

規制は、プライバシー保護(ほご)、自分の国の産業の保護、安全保障(ほしょう)の確保(かくほ)、法律のしっ行、犯罪(はんざい)そうさなどを目的としています。

増え続けるデータ流通量
図:増え続けるデータ流通量