サテライトオフィスの活用とワーケーション

時間・空間をこえて働く試みが始まっている

サテライトオフィスとは、会社のオフィスとは別の場所に作られた、小さなオフィスのことです。都市部に作られたり、都市部から少しはなれたところに作られたり、遠くはなれた地方に作られたりとさまざまなタイプがあります。
サテライトオフィスで働く人たちは、クラウドコンピューティングサービスを活用することで、遠くはなれた会社のオフィスとも問題なく仕事を進めています。また地方のサテライトオフィスの場合、都市部と比べて通勤時間やストレスが減り、しゅ味や家族との時間、地元での活動を楽しむことができるため、これらが仕事にも良いえいきょうをあたえてくれます。

ICTで可能になるサテライトオフィス
図:ICTで可能になるサテライトオフィス

ワーケーションとは

ワーケーションとは、仕事(ワーク)と休か(バケーション)を組み合わせた造語です。ICT(アイシーティー)(Information and Communication Technology:インフォメーション・アンド・コミュニケーション・テクノロジー)を活用してテレワークなどをすることによって、リゾート地など普だんの職場ではない場所で仕事をしつつ、別の日や時間帯には休かを取ったり、その地域ならではの活動を行ったりすることができます。
たとえば、子どもの夏休みに家ぞくでリゾート地に行ったとします。平日の昼間、親はテレワークを活用することで、リゾート地にいながらにして遠く離れた会社とやりとりをして仕事をすることができます。そして、夜や休かの日には子どもとリゾートや地域ならではの活動を楽しむのです。

ワーケーションで増える家族との時間
図:ワーケーションで増える家族との時間

ワーケーションのメリット

ワーケーションは、き業、個人、地域それぞれにメリットがあります。き業にとっては社会的こうけん、従業員がリフレッシュすることでの業務のアウトプットが向上する可能性、そして地域との交流によって生まれる新たなつながりや地域資源を活用した「ローカル・イノベーション」を作り出す可能性があります。個人にとってはワークライフバランスの改善となり、地いき(行政含む)にとっては都市部の技術や人脈が地域にかん元されることが期待できます。