情報通信用語集 た行

第四次産業革命(かくめい)

デジタル技術(ぎじゅつ)の進展(しんてん)と、あらゆるモノがインターネットにつながるIoT(アイオーティー)の発展(はってん)により、新たな経済(けいざい)発展や社会構造(こうぞう)の 変革(かく)を誘(ゆう)発すること。

ダウンロード

ネットワーク上の他のコンピュータにあるプログラムやデータを、自分のパソコンにコピーして保存(ほぞん)すること。

地上デジタル放送

地上の電波とうから送信する地上波テレビ放送をデジタル化したもの。日本では2003年12月に関東けん中京けん近きけんの三大都市けんで放送が開始され、2012年3月31日に東北地方を含む、全国での地上デジタル放送への移行(いこう)が完りょうした。

チャット

はなれた場所にいる人が、オンラインで、リアルタイムに文字でおしゃべりをするしくみ。

著作権(ちょさくけん)

著作物を創作(そうさく)した人にあたえられる権利(けんり)。日本では著作権法に基(もと)づいて「自分で創作した著作物を自由に利用すること」「自分が創作した著作物を他人に勝手に利用されないこと」が認(みと)められている。他人の著作物を勝手に使ったり、変こうしたりすることは、著作権法い反となる。

出会い系(けい)サイト

出会いをオンラインでばいかいすることを目的としたサイトのこと。犯罪(はんざい)の温しょうとなるサイトもある。

出会い系(けい)ひ害

インターネットの出会い系サイトなどを通じて知り合った人にだまされて、金せん的、肉体的、精神(せいしん)的なひ害にあうこと。

データセンター

サーバを設置(せっち)するために、高度な安全性(あんぜんせい)などを確保(かくほ)して設計(せっけい)された専用(せんよう)の建物施設(しせつ)のこと。サーバを安定してか働させるため、無停電電源設備(でんげんせつび)、防火(ぼうか)消火設備、地しん対策(たいさく)設備などを備(そな)え、ID(アイディー)カードなどによる入退室(にゅうたいしつ)管理などでセキュリティが確保されている。

データベース

たくさんの情報(じょうほう)を一定の形式でコンピュータにちく積し、キーワードによる検(けん)さくができるようにしたもの。

データローカライゼーション

サービス提供(ていきょう)に必要なデータはすべて自国内になければならないという考え方に基(もと)づき、自国からのデータの移転(いてん)などを制限(せいげん)しようとすること。

デジタルサイネージ

店頭や交通機関など公共の場にある、電子化された看板(かんばん)やポスターなどのシステムの総(そう)しょう。ネットワークに接続(せつぞく)されており、外部から情報(じょうほう)を配信することができるので、設置(せっち)場所や時間帯によって適切(てきせつ)に見せたい案内や広告を配信表示(ひょうじ)することができる。

デジタルディバイド

ICT(アイシーティー)技術(ぎじゅつ)を使える人と、そうでない人との間で生じる、地域(ちいき)的身体的社会的な格差(かくさ)。および、それにともなう社会問題。

デバイス

パソコン、スマートフォン、タブレットなどの機器のほか、これらの周辺機器(マウスやペンなど)のこと。

デマ

事実ではないいいかげんなうわさ。インターネット上では一気に広がることも多い。

テレビ会議

はなれた場所にいる複数(ふくすう)の人とオンラインでリアルタイムでおたがいの顔を見ながら会話するためのしくみ。

テレワーク

ICT(アイシーティー)を活用することによる、場所や時間にとらわれない働き方のこと。き業などが行う「こ用型テレワーク」(例:在宅勤務(ざいたくきんむ)、モバイルワーク、サテライトオフィスなどでの勤務(きんむ))と、個人(こじん)や小さな会社などが行う「自営(じえい)型テレワーク」(例:SOHO(ソーホー)、在宅ワーク)に大別される。「SOHO(ソーホー)」のこう目も参照。

電子カルテ

しん断情報(しんだんじょうほう)を電子的に保存(ほぞん)したしんりょう録(カルテ)。または、それを実現(じつげん)するための医りょう情報システム。

電子商取引

インターネットを用いて財(ざい)やサービスの受発注を行う商取引などのこと。

電子書せき

本をパソコンやけい帯情報たん末(じょうほうたんまつ)などのICT(アイシーティー)機器で読めるようにしたデジタルコンテンツ。紙の本とは異(こと)なり、音声や動画をけいさいするなど、電子書せき特有の表現(ひょうげん)も可能(かのう)。

電子署名(しょめい)

電子データに付け加えられる暗号化の手続きで、本人により作成されたこと、改ざんが行われていないことを確認(かくにん)できるもの。紙文書の印かんやサインの役割(やくわり)を果たす。

電子タグ

とても小さい数ミリ程(てい)度の大きさのIC(アイシー)チップとデータをわたすためのアンテナで構成(こうせい)され、電波を用いて情報(じょうほう)を機械に送ることができる。値(ね)札の代わりに使うなどの用とがある。

電子メール

インターネット上でやり取りされる手紙。

てん付ファイル

電子メールを利用して、画像(がぞう)や文書などさまざまなデータを相手に送信するしくみ。メールの文面とともにデータを送る。

ドメインネーム

インターネット上の住所のようなもので、インターネット上にあるコンピュータにつけられる名前のこと。ウェブページの場合は、「http://www.kids.mpt.go.jp/」の「www.kids.mpt.go.jp」の部分がドメインネーム。また、電子メールの場合は、@(アットマーク)の右側がドメインネームとなる。

トラフィック

ネットワーク上を移動(いどう)する音声や文書、画像(がぞう)などのデジタルデータの情報(じょうほう)量のこと。通信回線の利用状(じょう)きょうを調査(ちょうさ)する目安となる。「トラフィックが増大(ぞうだい)した」とは、通信回線を利用するデータ量が増(ふ)えた状態(じょうたい)を指す。

トレースルート

インターネット上につながっている自分のコンピュータから、遠くにある別のコンピュータまで、どんなルート(道すじ)を通っていくのか、またどれだけ時間がかかるのかを知るためのしくみ。

ドローン

飛行機やヘリコプターなどのうち、人が乗ることができず遠かく操作(そうさ)などにより飛行させるもの。