本文へ
関係人口となった方の声

インタビュー Vol.07

農業(アグリカルチャー)+休暇(バケーション)=アグリケーションによる関わり

山中鼓太郎さん(20代、大学生、男性、東京都在住(出身は群馬県))

関わる地域:北海道石狩市

山中鼓太郎さん 写真
  • Question

    現在、地域のどのような活動に関わっていますか。

    Answer

    石狩市が行っている「石狩アグリケーション」に半月間参加しました。アグリケーションとは農業のアグリカルチャーと休暇のバケーションを組み合わせた造語です。農作業を通じた地元農家さんや住民の皆さんとの交流だけでなく、地元の自然や豊富な食文化に触れることもでき、よい経験となりました。

  • QUESTIOIN

    地域の活動に参加しようと思った経緯や目的を教えてください。

    Answer

    地方創生を学ぶ大学のゼミナール活動の一環で地方インターンに参加することになったのがきっかけです。石狩アグリケーションはゼミの担当教授から紹介を受けて知りました。北海道を訪れたことがなかった私は、本場の農業と関係人口の関連を学ぶため、渡航を決意しました。

  • Question

    継続的に地域と関わりたいと思った理由を教えてください。

    Answer

    コロナという未曽有の災害の中、東京から来た私を受け入れ農家さんやJA職員さんが優しく受け入れてくれたのが印象的です。私のことに興味をもっていろんなことを聞いてくれたり、石狩のいいところをたくさん教えてくれたりしたのが嬉しかったです。石狩の自然や食文化もそうですが、人々の温かさに触れ、関わっていきたいと自然に思うようになりました。

  • Question

    地域の活動に継続的に参加してみて、地域に対する印象は変わりましたか。

    Answer

    北海道石狩市というと自然が雄大で石狩鍋が有名、と表面的な印象しかありませんでした。アグリケーションはお給料も出ます。なので、観光客としてでなく、いち労働者としてかかわることができたと思います。労働者としてかかわることで、観光では知れない新たな面での石狩というのが見えた気がします。

  • Question

    今後、地域とどのように関わっていきたいですか。

    Answer

    移住など、大きな行動はまだ決断できていませんが、今でも石狩が好きなことには変わりありません。市内でのイベントなど、特別なときだけではなく、友達を誘って市内観光など、自発的なかかわりをしていきたいです。

  • Question

    これから地域との関わりをつくっていきたいと考える方々に対して、メッセージをお願いします。

    Answer

    私にとって地域との関わりは、人生をよりよいものにしていくものだと思います。様々な地域の様々な人々と関わる中で、自分の生き方や自分の考えによい変化をもたらしてくれます。最初の一歩は誰でも怖いし、勇気がいると思います。しかしそれを乗り越えれば、あなたの人生を劇的に変える「何か」があるかもしれません。ぜひ、そのような生涯の出逢い、体験を多くの人にしてもらいたいです。

集合写真
石狩アグリケーション ベーシックタイプに参加した1日の様子
6:30

起床。6:50に朝ご飯をいただく。シェアハウスに入居し、オーナーさんが手料理を振舞ってくれる。すごくおいしい。

8:00

農作業開始。作業はかぼちゃ、ブロッコリー、サニーレタスの収穫、にんにくの植え付けなど、日によって異なる。慣れないうちは体力が追いつかず大変だったが、農家さんとの会話が楽しかった。

12:00

お昼休憩。シェアハウスのオーナーさんからいただいたお弁当(おにぎり)を食べる。午後に向けて体力を回復。

13:00

午後の農作業開始。午前もだが、2時間ごとに休憩を入れてくれ、そこでも世間話に花が咲く。収穫技術についての指導などもしてくれ、直に農業に関わることができた。

17:00

終業。途中で北海道のコンビニチェーン「セイコーマート」に寄ってくれ、地元限定の品を買うことも。

17:20

温泉にて入浴。1日1回近隣の温泉の入浴券をいただき、1日の疲れを癒す。

19:00

夕食。こちらもシェアハウスオーナーさんの力作。就寝前にもコーヒーをいただき、雑談に花を咲かせる。

石狩アグリケーション ベーシックタイプに参加した1週間の様子
9月1日

農作業の初日。サニーレタス、レタスの収穫と箱詰め。午後はにんにくの植え付け。終業後は石狩海水浴場で夕日を眺める。

9月2日

農作業2日目。朝にんにくの植え付けをした後、あとはひたすらニンジンの草刈り。有機農業のため、除草剤は最低限しか使っていない。

9月3日

農作業3日目。朝から夕までニンジンの草刈り。お手伝いさんと二人で雑談しつつひたすら作業。

9月4日

休日。火曜日と土曜日がお休み。この日は市内の道の駅に連れて行ってもらう。夜に星も見せてもらった。きれい。

9月5日

農作業4日目。朝から夕までニンジンの草刈り。ほ場一通り終了。

9月6日

農作業5日目。今日よりかぼちゃの収穫作業が始まる。なかなかの重労働。

9月7日

休日。疲れもあり、今日は自室でゆっくりすることに。温泉にもいつもより長く浸かる。

関係人口ポータルサイトでは、全国の地方公共団体の皆様から、関係人口創出・拡大に関する施策・取組や関連するイベントセミナー等の情報の登録を受け付けております。
情報の掲載をご希望される方は、登録フォームを通してご登録ください。