本文へ
地域の取組事例

あすかオーナー制度

奈良県明日香村

あすかオーナー制度 写真1 あすかオーナー制度 写真2

事業概要

事業の目的・背景

明日香村では、農業の担い手の高齢化や減少が進む中、歴史的景観を支え続ける「農」を守るため、「あすかオーナー制度」に取り組んでいます。

取組の内容

会費を支払うことで、農村にある棚田・酒・果樹等のオーナーなることができます。オーナーは、田植えや稲刈り、収穫といった農作業などを体験できるほか、地元農家の栽培指導を受けることもできます。

効果や成果等

農山村の魅力を多くの人々に知ってもらうことができるほか、耕作放棄地や遊休農地の増加を防ぐことができ、農山村の活性化に役立っている。また、農作業等を通じて都市生活者が継続的に明日香村や地域住民と関わりを持つことができます。

関係人口となりうる方へのメッセージ

明日香村の歴史的景観を構成しているのは、農作業により作り出される景里山風景です。オーナー制度をとおして明日香村の農業や自然を体感しつつ、村内の景観保全に取り組んでみませんか。

事業ホームページ

詳しくはこちら別ウィンドウを開く

関係人口ポータルサイトでは、全国の地方公共団体の皆様から、関係人口創出・拡大に関する施策・取組や関連するイベントセミナー等の情報の登録を受け付けております。
情報の掲載をご希望される方は、登録フォームを通してご登録ください。