本文へ
地域の取組事例

わかやましごと・くらし体験

和歌山県

わかやましごと・くらし体験 写真1 わかやましごと・くらし体験 写真2

事業概要

事業の目的・背景

移住前の生活のイメージと移住後の生活のミスマッチを防ぐため、地域での「しごと」を体験しながら、農家民宿などに滞在し、「くらし」を体験することができる「わかやましごと・くらし体験」を実施しています。また、近年の若年移住希望者の増加を受け、今年度から利便性が都会とそれほど変わらない地方都市部にもエリアを拡大し、学生の受入れも積極的に行い、関係人口の創出・拡大に取り組んでいます。

取組の内容

「起業・就農コース」(最大2泊3日)と「就労コース」(最大5泊6日)の2コースあり、製炭事業者からIT事業者まで、さまざまな業種を体験することができ、現在100事業所を超える登録があります。また、近年起業が増えているゲストハウスに滞在し、地域の情報も併せて収集することができます。

効果や成果等

今年度3年目を迎え、昨年度25名の参加者でしたが、令和2年度は9月末現在で70名の申込みがあり、参加者から好評をいただいています。
また、昨年度体験された方が、2名移住され、体験した事業所に就職が決まった事例もございます。

関係人口となりうる方へのメッセージ

現在100事業所を超える登録があり、体験希望者のニーズに応じて体験先をアレンジすることが可能ですので、ぜひ和歌山で「お試し移住」を体験してみませんか?

事業ホームページ

詳しくはこちら別ウィンドウを開く

関係人口ポータルサイトでは、全国の地方公共団体の皆様から、関係人口創出・拡大に関する施策・取組や関連するイベントセミナー等の情報の登録を受け付けております。
情報の掲載をご希望される方は、登録フォームを通してご登録ください。