ふるさと納税の活用事例

大阪府 枚方市 文化芸術を活かした魅力あるまちづくり

 枚方市は、現在約40万人が暮らす中核市であり、優れた文化芸術に触れる機会を充実させ、市民が活発に文化芸術活動を行うことのできる環境を整備することで、よりまちの魅力を高め、人が集まるまちづくりに取り組んでいます。

 そうした取組を推進するため、まちの価値を高め集客と賑わいを創出する文化芸術活動の発信拠点となる(仮称)枚方市総合文化芸術センターを整備することとし、そのための財源をふるさと納税で募集しています。また、市が取り組む文化芸術を活かしたまちづくりをPRするため、市内の文化財を市長自らがエスコートする、「市長がエスコート!枚方市内の文化財見学ツアー」を実施しました。

  • (仮称)枚方市総合文化芸術センターの完成予想図(仮称)枚方市総合文化芸術センターの完成予想図の写真
  • 国見山から見た枚方市国見山から見た枚方市の写真

注力した点や工夫した点

 枚方の魅力をより多くの方に知っていただけるよう、市長がインターネットテレビに出演した他、大規模商業施設やスポーツイベントでのPRを行いました。

取組の効果

 ふるさと納税を行ったこともあり、(仮称)枚方市総合文化芸術センターの整備には、多くの方の賛同を得られました。今後も文化芸術を活かした魅力的なまちづくりに取り組んでいきます。

 また、「市内の文化財見学ツアー」は、市長が自ら案内するという全国的にも珍しい取組であったため、メディアに取り上げられ注目を集めることができました。こうした体験イベントは、実際に寄附者に枚方市に訪れてもらうきっかけとなっています。枚方市の魅力を感じていただくだけでなく、枚方市内の文化財への理解や愛着をもってもらうことで、移住促進や関係人口の増加につながっていくことを期待しています。

  • 「市長がエスコート!枚方市内の文化財見学ツアー」のポスター「市長がエスコート!枚方市内の文化財見学ツアー」のポスターの写真
  • 市長がエスコートする文化財ツアーの様子市長がエスコートする文化財ツアーの様子の写真

住民の声

 文化芸術のあふれる豊かで誇りある枚方を、子供達に残していきたいですね。

寄附者の声

 「市内の文化財見学ツアー」では、市長さんと身近に対話できる機会や市政を知ることができてとても良い経験になりました。

  • ピックアップ!ふるさと納税 トップページに戻る
 

ページの先頭へ