このページの本文へ移動

教育 ICT地域活性化事例 100選

21世紀型スキルを育むICT教育でみんなが住みたくなるまち

関連キーワード
  • 自治体

  • 教育クラウド・プラットフォーム

  • 地域活性化大賞 2016

  • 人口50万人以下

事業概要
未来を担う子供たちに21世紀型スキルの育成をICT教育で実現。
・地元産官学で21世紀型スキルの育成
・つくば教育クラウドを活用した家庭学習・放課後学習・特別支援教育
事業実施自治体に
関する情報
茨城県つくば市
人口(平成27年国勢調査):226,963人
事業実施団体
茨城県つくば市教育委員会
効果
全国トップクラスの学力により、人口増加、税収増加を実現。
【学力向上】
・21世紀型スキル成果。小中プレゼンコンテスト参加者300名(11年)→10,000名(16年)に増加
・全国学力調査で、2013年に小6だった児童が、2016年に中3になったときの経年変化を比較。
 算数A +7.4→+15.0、算数B +14.1→+15.4(全国1位より上)に向上。
【人口増加による市民税収の伸び】
・人口増04年186,674人→16年231,093人(44,419人増加)
・子供の増加、春日学園12年900名→現在約1,800名(公立学校の教育水準の高さが評判となり首都圏から流入)
・人口流入により税収の伸び、市民税(個人)は04年度101億円が、16年度152億円と1.5倍
【メディアによる効果】
・多数のメディアによる紹介。宣伝広告費に換算すると高額。例)一般紙1/4面等
導入費・運用費
導入費(単位:千円)
24,857
運用費(単位:千円)
維持費用 24,857
詳しくはこちらへ
総務省担当部署 総務省 情報流通行政局 情報流通振興課 情報活用支援室
問い合わせ先
つくば市総合教育研究所
電話:029-867-1080
E-mail:ict/atmark/tkb.ed.jp
※スパムメール対策のため、「@」を「/atmark/」と表示しております。送信の際には、「@」に変更してください。