このページの本文へ移動

注⽬の事例開く

閉じる

ICT地域活性化 ⽀援

地域経済や地域社会を活性化させ、我が国が抱える社会保障費の増大や大規模災害対策といった様々な課題に地域が対応するためには、社会の様々な分野におけるICTの効果的な利活用が不可欠です。総務省では、各分野でのICT利活用を促進するため、例えば以下のような様々な施策を展開しております。

「⽀援」を⾒る

平成30年度「地域情報化アドバイザー」派遣申請の受付開始

総務省では、情報通信技術(ICT)やデータ活用を通じた地域課題解決に精通した専門家に「地域情報化アドバイザー」を委嘱し、地方公共団体等からの求めに応じて派遣しています。
今般、平成30年度の地域情報化アドバイザーの派遣申請受付を開始いたしました。

詳細を⾒る

ICT地域活性化サポートデスク

少子高齢化等が急激に進む中、ICT/IoT、ビッグデータ、AI、シェアリングエコノミー等の新たな技術等の活用は、地域経済の活性化や地域課題の解決に大きく貢献し、生活の質の向上や新たな産業の創出につながるものと期待されています。こうしたICT地域活性化の動きを加速させ、日本全国の各地域の隅々にまで実装することを目指し、「ICT地域活性化サポートデスク」を開設しています。

「ICT地域活性化サポートデスク」を⾒る

「地方公共団体におけるデータ利活用ガイドブック Ver.1.0」の公表

総務省では、地方公共団体において保有するデータの利活用方法等について検証するため、複数地域において「地域におけるビッグデータ利活用の推進に関する実証」を実施しました。
この度、上記実証成果を踏まえ、地方公共団体が、個人情報の保護にも配慮しつつ、その保有するデータを部局・分野横断的に活用して効果的な政策立案や住民サービスの向上等に取り組むための手引書として、「地方公共団体におけるデータ利活用ガイドブック Ver.1.0」を取りまとめましたので公表します。

詳細を⾒る

平成30年度予算「情報通信技術利活用事業費補助金(地域IoT実装推進事業)」に係る提案の公募

総務省では、「地域IoT実装推進ロードマップ」(平成28年12月とりまとめ、平成30年4月再改定)の「分野別モデル」の普及展開を推進することを目的とした、「地域IoT実装推進事業」の提案を平成30年4月25日から5月31日まで公募します。
本事業は、「分野別モデル」の横展開事業に取り組む地域に対して、初期投資・連携体制の構築等にかかる経費の補助を目的とするものです。

詳細を⾒る

「地域IoT実装のための計画策定・推進体制構築支援事業」における支援対象となる地方公共団体の募集

総務省は、「地域IoT実装のための計画策定・推進体制構築支援事業」における支援対象となる地方公共団体を平成30年5月14日から6月8日まで募集します。
本事業では、具体的な地域課題解決を目指すために地域IoTの導入を希望・検討しているものの、知見やノウハウを持たないために取組が進んでいない地方公共団体に対して、地域IoT導入に向けた計画策定及び推進体制構築を支援します。

詳細を⾒る

「Lアラート全国合同訓練2018」の実施

災害発生時に、地方公共団体・ライフライン事業者等が放送局・アプリ事業者等の多様なメディアを通じて地域住民等に対して必要な情報を迅速かつ確実に伝達することを可能とする共通基盤であるLアラートに関し、平成30年5月23日(水)及び平成30年5月24日(木)に、都道府県やメディア等が参加する「Lアラート全国合同訓練2018」を実施することをお知らせいたします。

詳細を⾒る

このサイトについて

IoT、ビッグデータ、AI等をはじめとするデータ活用に関する情報通信技術(Information and Communication Technology。以下「ICT」という。)の効果的な活用は、少子高齢化が急激に進展する我が国の持続的な発展の鍵となるものであり、地域経済の活性化や地域課題の解決や地域の魅力向上に大きく貢献するものとして強く期待されています。

これまで各地で実施された実証等の成果を「国から地方へ」、「地方から全国へ」と全国の隅々まで普及・実装していくことが求められています。

本ポータルでは、これまでの先進的な事例や「ICT地域活性化大賞」受賞事例及び支援施策を総合的・網羅的に掲載しています。地方公共団体をはじめとした地域の皆さんに参照していただくため、一元的に幅広く発信することを目指しています。

「このサイトについて」を⾒る