このページの本文へ移動

教育 ICT地域活性化事例 100選

THE NARAJO PLAN

関連キーワード
  • プログラミング教育

  • 人口50万人以下

  • 離島

事業概要
国立学校が、これまで培った知見を活かし、遠隔会議システムやSNSによる助言、クラウド上でのノウハウの共有等により、被災地や離島など、地方におけるプログラミング教育に貢献。
事業実施自治体に
関する情報
宮城県女川町、茨城県古河市、奈良県奈良市、香川県土庄町
人口(平成27年国勢調査):6,334人、140,946人、360,310人、14,002人
事業実施団体
奈良女子大学附属中等教育学校
(実証校)女川向学館、古河市立三和東中学校、土庄町立豊島小中学校
効果
児童一人当たりのコスト
¥51,000
導入費・運用費
導入費(単位:千円)
2,160(千円)
運用費(単位:千円)
2,100(千円/年)
詳しくはこちらへ
総務省担当部署 総務省 情報流通行政局 情報活用支援室
問い合わせ先
奈良女子大学附属中等教育学校
電話:0742-26-2571
E-mail:08nwuss/atmark/roseleaf.nara-wu.ac.jp
※スパムメール対策のため、「@」を「/atmark/」と表示しております。送信の際には、「@」に変更してください。