このページの本文へ移動

医療・介護・健康 ICT地域活性化事例 100選

e-MATCHによる奈良県の救急医療体制改善への支援

関連キーワード
  • 民間企業

  • 地域活性化大賞 2014

事業概要
過去、救急搬送業務に関わらず組織は、消防本部・救急隊・医療機関・行政であり、それぞれが個別に改善努力を行ってきた。しかし、地域における救急医療の質向上の視点、すなわち住民の視点からすると、組織間での適切な情報連携と迅速な意思決定・判断に基づく合理的な救急搬送の実施、組織横断的な地域の救急医療の評価と業務改善が鍵となる。本システムは、救命救急医療の全関係者による取組みを支える仕組みとして開発された。地域全体を俯瞰する“鳥の視点(Bird's View)”で「地域の救急医療の現状」を把握し、全関係者のPDSA活動を支援することが、本事業の取組みである。
事業実施自治体に
関する情報
奈良県
人口(平成27年国勢調査):883,730人
事業実施団体
バーズ・ビュー株式会社
効果
-
導入費・運用費
導入費(単位:千円)
約40,000,000
※カスタマイズが必要な場合には別途見積が発生
運用費(単位:千円)
約28,000,000
※携帯端末や通信機器関連のレンタル・通信・管理費用は別途
詳しくはこちらへ
総務省担当部署 総務省 情報流通行政局 情報流通振興課
問い合わせ先
バーズ・ビュー株式会社
電話:03-6801-5620
E-mail:e-match_io/atmark/birdview.jp
※スパムメール対策のため、「@」を「/atmark/」と表示しております。送信の際には、「@」に変更してください。