このページの本文へ移動

地域ビジネス ICT地域活性化事例 100選

日本の川・地方を豊かにする遊漁券オンライン販売システム:フィッシュパス

関連キーワード
  • 民間企業

  • 地域ビジネス活性化モデル

  • 地域活性化大賞 2017

  • 人口15万人以下

  • 過疎,豪雪,山村

事業概要
ICTで釣り人と地域と自然環境を結びつけ、川に人が集まるプラットフォームを構築
川釣りという切り口で地方の抱える問題を解決していく、日本初の内水面漁協を起点にした地方創生事業
事業実施自治体に
関する情報
福井県坂井市
人口(平成27年国勢調査):90,280人
事業実施団体
株式会社フィッシュパス
効果
経済的効果
(1)釣り人口増(遊漁券収入) (従来)10%減/毎年 ⇒(事業効果)前年比148%増
(2)漁協の監視業務効率化 (従来)6時間/1日 ⇒(事業効果)2時間/1日に削減
(3)漁場整備範囲の拡大 (従来)15㎢ ⇒(事業効果)30㎢に拡大
(4)地域施設の誘客(新創出) (従来)5~8%減/毎年 ⇒(事業効果)240.3万円創出
*(4)は提携漁協(3漁協)所在地域内経済効果の合算:調査 福井県立大学 北島研究室

社会的効果
釣り人集積データによる漁場整備の選択と集中
親子による河川清掃、魚の放流参加
  県外からの参加者413名(総数582名)        
  安全で生態系豊かな川の実現 
導入費・運用費
導入費(単位:千円)
750〜1,000千円
運用費(単位:千円)
150千円/年*2年間は導入費に含まれる。3年目以降の年間運用費
詳しくはこちらへ
総務省担当部署 総務省 情報流通行政局 地域通信振興課
問い合わせ先
株式会社フィッシュパス
電話:0776-67-7335
E-mail:contact/atmark/fishpass.co.jp
※スパムメール対策のため、「@」を「/atmark/」と表示しております。送信の際には、「@」に変更してください。