総務省トップ > ホーム > 報道資料一覧 > 秋田県八森デジタル中継局送信チャンネル変更(リパック)の実施
秋田県八森デジタル中継局送信チャンネル変更(リパック)の実施
平成23年8月8日
 東北総合通信局(局長:井澤 一朗)及び秋田県地上デジタル放送推進協議会は、秋田県と新潟県で発生している受信障害(デジタル混信)を解消するため、「地上デジタル放送のデジタル混信に対する対策計画」に基づき、9月5日(月)、秋田県八森デジタル中継局の送信チャンネル変更(リパック)を実施します。
 平成23年7月24日、東日本大震災で甚大な被害が生じた岩手、宮城、福島の3県を除いてアナログ放送が終了し、地上デジタル放送への完全移行が行われました。
 しかしながら、秋田県では、秋田親局(秋田市の大森山送信所)を受信している沿岸地区を中心とした広範囲の世帯において、特定の気象条件下で生じるラジオダクトにより新潟県の同一チャンネルのデジタル放送電波が到来することで受信障害(デジタル混信)が発生しています。同様に、新潟県においても、新潟親局(新潟県弥彦村の弥彦山送信所)を受信している広範囲の世帯において秋田県からの電波が到来し受信障害が発生しています。
 このため、東北総合通信局と秋田県内放送事業者等で組織する秋田県地上デジタル放送推進協議会は、受信障害解消のための対策計画を策定(平成22年8月25日公表)し、秋田県内自治体並びに総務省秋田県テレビ受信者支援センター(デジサポ秋田)と連携を図りながら対策実施の準備を進めてまいりました。
 受信障害解消の主対策は秋田親局の送信チャンネル変更(リパック)ですが、その対策の一環として、秋田親局リパック後のチャンネルと同一チャンネルを使用している秋田県八森デジタル中継局のリパックを9月5日(月)に実施するものです。
 八森デジタル中継局受信者の皆様は、リパック実施に伴いお手持ちの地デジ受信機テレビチャンネルの再設定が必要になる場合があります。今後、関係自治体のご協力の下、該当する受信者の皆様への周知広報を行い、対策の円滑な実施に努めてまいります。
 なお、11月1日に予定している秋田親局リパックの詳細は、あらためてお知らせ申し上げます。
【別紙1】:秋田県八森デジタル中継局送信チャンネル変更(リパック)概要(PDF:215KB)
【別紙2】:秋田県八森デジタル中継局リパックスケジュール(PDF:58KB)
<関連報道資料>(平成22年8月25日報道発表)
  地上デジタル放送のデジタル混信に対する対策計画の公表
  (URL:http://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/hodo/h2207-09/0825c1001.html
連絡先
放送部放送課
TEL 022-221-0696
総務省Copyright © 2010 Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.