このページの本文へ移動

農林水産業 ICT地域活性化事例 100選

水田総合管理システム整備事業

関連キーワード
  • 自治体

  • スマート農業・林業・漁業モデル

  • 人口5万人以下

  • 過疎,豪雪,山村

事業概要
水田センサ(気象観測センサ)による観測データを活用した営農情報配信の実施。
センサで収集したデータを湯沢市農業総合指導センターで解析し、生産者へ営農情報として発信することでより精度の高い栽培管理を実現し、収穫量の確保や品質向上を目指す。また、将来的にはデータを蓄積・解析しナレッジ化、栽培手法等に展開する事で、新規就農者の栽培技術向上を早期で実現するなど、栽培指導支援ツールとして活用する。
事業実施自治体に
関する情報
秋田県湯沢市
人口(平成27年国勢調査):46,613人
事業実施団体
秋田県湯沢市
効果
-
導入費・運用費
導入費(単位:千円)
8,918
運用費(単位:千円)
500
詳しくはこちらへ
総務省担当部署 総務省 情報流通行政局 地域通信振興課
問い合わせ先
秋田県湯沢市(事業担当)産業振興部農林課農業振興班
電話:0183-72-0631
E-mail:-
※スパムメール対策のため、「@」を「/atmark/」と表示しております。送信の際には、「@」に変更してください。