オーストラリア Australia

各市場の主な動向 :
主要基礎データ集 :
より詳細な監督機関・法律・政策等の情報 :

市場の動向

インターネット・ブロードバンド市場

2014年6月末現在、固定ブロードバンドの市場シェアはテルストラが約41%と最大であり、これに続くオプタス、iiNet及びTPGが各10%台前半のシェアで争っている。

接続方式別の加入者数は、DSLが約507万であるのに対しケーブルモデムは約95万にとどまっており、DSLが圧倒的多数となっている。また、NBNを含む光ファイバ接続の加入者数は約20万3,000であり、前年度から約70%の増加である。モバイル・インターネットは、ネット接続が可能な携帯電話は約2,056万(前年比5%増)、携帯電話以外のモバイル端末数が約595万(同3%減)となっている。

ブロードバンド加入者及び普及率(2010-2014年)

2010年 2011年 2012年 2013年 2014年
ブロードバンド加入者数(千) 5,510 5,552 5,735 5,836 6,536
ブロードバンド普及率 24.6% 24.4% 24.9% 25.0% 25.8%

出所:ITU World Telecommunication/ICT Indicators Database, 2015

携帯電話市場

テルストラ、オプタス、ボーダフォン・ハチソン・オーストラリア(VHA)の3社が設備を有する携帯電話事業を行っている。また、バージン・モバイルやCrazy John’s等のMVNOが数多く事業を行っている。2014年6月末時点の市場シェアはテルストラが45%、オプタスが27%、VHAが18%である。

LTEサービスは、上記の設備事業者3社が2013年6月までに1.8GHz帯によるFDD-LTEサービスを開始している。加えて、オプタスはWiMAX事業者のVividwirelessを買収、取得した2.3GHz帯によるTDD-LTEサービスも併せて提供している。また、2013年5月のアナログ跡地の周波数オークションの結果、テルストラ、オプタスが新規参入者TPGとともに700MHz帯を取得し、地方部でのLTEサービス提供に用いている。

携帯電話加入者数及び普及率(2010-2014年)

2010年 2011年 2012年 2013年 2014年
携帯電話加入者数(千) 22,500 23,789 24,338 24,940 31,010
携帯電話普及率 100.4% 104.6% 105.6% 106.8% 131.2%

出所:ITU World Telecommunication/ICT Indicators Database, 2015

固定電話市場

2005年度以降、加入者数、普及率は減少傾向で推移している。固定電話加入者数の減少の原因として、利用者が携帯電話やVoIP等の他の通信手段に移行していることが原因として挙げられる。主な固定電話事業者はテルストラとオプタスの2社であるが、テルストラの市場シェアが61%と大きい。その他の事業者としてはiiNetやTPG Telecom等が存在している。

固定電話加入者数及び普及率(2010-2014年)

2010年 2011年 2012年 2013年 2014年
固定電話加入者数(千) 10,625 10,573 10,471 10,350 9,190
固定電話普及率 47.4% 46.5% 45.4% 44.3% 38.9%

出所:ITU World Telecommunication/ICT Indicators Database, 2015

放送市場

オーストラリア放送協会(ABC)と特別放送サービス協会(SBS)の公共放送事業者2社、7ネットワーク、9ネットワーク、ネットワーク10の商業放送事業者3社が全国向けに各1系統の放送を行っている。また、フォクステルが、DTHとケーブルテレビによる有料放送を行っている。ケーブルテレビはオプタス及びテルストラ所有の同軸ケーブル網によって視聴者に提供されている。フォクステルは競合事業者であったオースターを2012年5月に買収し、実質的に有料放送市場の独占事業者となっている。

重要政策動向

高速ブロードバンド基盤整備

「全国ブロードバンド網(NBN)」計画が実施中である。NBNは政府完全出資で設立された設備事業者nbnが提供するオープン・アクセスの光ファイバ接続卸売サービスであり、「2016年までに25~100Mbps、2019年までに50~100Mbps級のFTTNサービスを提供する」ことが目標とされている。

同FTTNサービスは2015年9月に商用サービスが開始され、nbnは同サービスの接続可能建造物を2016年中盤までに50万、2018年中盤までに370万、また、サービス加入者自体も160万とする計画を示している。なお、NBN全体の接続可能建造物は2015年6月に100万件に達している。

「子どものネット安全」促進政策

2015年7月にネットいじめ対策法令である「2015年子どものオンライン安全促進法」が施行された。同法は、ネットいじめの要因となるテキストや画像を迅速に削除する告発システムを構築することを目的としている。同法では、ネットいじめの温床とされるSNS運営者に対して「ソーシャル・メディア・サービス」事業者として登録を義務付けた。加えて、ネットいじめに関する政策権限を集約する存在として「子供のネット安全コミッショナー」を設置した。同コミッショナーには連邦警察出身でハイテク犯罪センター長等を歴任したアラステア・マクギボン氏が就任している。

基礎データ集

国の基礎データ

政体

立憲君主制

面積

769万2,024㎢

人口

2,363万人(2014年)

首都

キャンベラ

公用語

英語

経済関連データ

通貨単位

1オーストラリア・ドル(AUD)=84.19円(2015年9月末)

会計年度

7月から1年間

GDP

1兆4,546億7,500万USD(2014年)

出所:World Bank, World Development Indicators Database

法律

通信 1997年電気通信法、2010年競争・消費者法、1992年無線通信法、1999年電気通信(消費者保護及びサービス基準)法
放送 1983年オーストラリア放送協会法、1992年放送サービス法

監督機関

通信 通信芸術省、オーストラリア通信メディア庁、オーストラリア競争・消費者委員会
放送 通信芸術省、オーストラリア通信メディア庁
© 2016 Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.