項目別に見る

デジタル放送の現状

デジタル放送の現状

(2015年12月調査)

主要事業者 システム サービス開始年 アナログ波停止(予定)年 アナログ跡地利用
米国 各既存放送事業者 ATSC 1998年11月 2009年6月 低出力の免許不要機器に割り当てる計画。
英国 BBC、Freeview 等 DVB-T 1998年9月 2012年10月 -
ドイツ ARD、ZDF、RTL 等 DVB-T/DVB-T2*1 2002年11月 2008年11月 470-490MHzを放送に、703-733/758-788MHz及び790-862MHzを移動体通信及びモバイル・ブロードバンド・アクセスに割当て。
フランス フランス・テレビジョン、TF1、M6 等 DVB-T 2005年3月 2011年11月 800MHz帯をモバイル・ブロードバンドに割当て。2015年11月、700MHzを更にモバイル・ブロードバンド向けに割当て。
中国 CCTV 等 DTMB*2 2007年10月 - -
韓国 各既存放送事業者 ATSC 2001年10月 2012年12月末 700MHz帯を国家災難安全通信網20MHz幅、通信40MHz幅、UHD放送30MHz幅に分配。
ブラジル TV Brasil、Rede Globo 等 SBTVD-T 2007年12月 2018年11月*3 450MHz帯及び700MHz帯をデジタル・ディバイド解消対策として移動体通信及びモバイル・ブロードバンド・アクセスに割当て。
ロシア 第1チャンネル、VGTRK、NTV 等 DVB-T 2010年2月 2018年2月(予定) -
インド DD DVB-T 2003年1月*4 2017年(予定) -
日本 各既存放送事業者 ISDB-T 2003年12月 2012年3月*5 新たな放送の展開(マルチメディア放送)、防災などでの活用、移動電話サービス用周波数、より安全な道路交通社会の実現(ITS)等。
  • *1 DVB-T2への移行を2016年半ばから開始し、2019年半ばまでに完了する予定。
  • *2 2006年8月末、中国国家標準委員会は「デジタルテレビ地上伝送国家標準(規格)」を公表した。同規格は自主技術に基づく中国独自の規格であり、「デジタルテレビ地上マルチメディア放送」(DTMB)と命名された。
  • *3 アナログ放送は、2016年4月に首都ブラジリアを皮切りに、地域ごとに段階的に停波。
  • *4 高額なSTBの販売不振で、2012年12月現在、実質的にサービスを停止している。
  • *5 東日本大震災の被災が顕著であった岩手・宮城・福島の3県以外では2011年7月までアナログ放送が実施された。
© 2016 Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.