最後に…
急増するVDT利用時間→VDT症候群などが心配?
カラダへの影響を考えて使い方を工夫しよう!

※VDT:Visual Display Terminalsの頭文字で、ディスプレイを持つ画面表示装置のこと。健康診断等でも使われる言葉なので覚えておくと役立ちます

三密の回避に加え、GIGAスクール (詳細:小中高生のICT利活用) 用の端末が一人一台配布されて日々の学習でも画面を見る時間が増えました。長時間利用を心配する声は日に日に高まっていますが、単に利用時間の長さだけで状況を判断してはいけません。毎日、どんな内容を、どんな風に使っているかを把握することが、判断や対策の鍵となります。
利用を制限する引き算より、不足を補う足し算を心がける

長時間のVDT利用に関しては、子供たちの発達や成長を見守っている保護者や教職員のみなさんから、さまざまな心配事(たとえば、ストレートネック、スマホ巻き肩、スマホ老眼、エコノミークラス症候群、ブルーライトや睡眠不足による影響など)が寄せられています。

実は、「余分にしすぎていること」 よりも 「足りていないこと」 のほうが問題。頑張って利用時間を減らしても、不足を補わなければ意味がありません。そこで、次のように考え方をシフトチェンジしてみませんか?

スマホを触っている時間が多すぎる

➡ リアルな世界との触れ合いが不足している

対策 友人や家族などと話す・一緒に何かをする時間を増やす、動植物を育てる・面倒をみる

気づくとSNSやゲームをしている

➡ 勉強時間や睡眠時間が不足している

対策 学びの時間を増やす(オンライン学習を含んでも良い)、寝る時間をちゃんと確保する

長時間、ごく近距離で小さな画面を見続けている

➡ 目を休める時間が不足している

対策 遠くを見る時間を足す、まめに画面から目を離す、眼精疲労回復のためにたくさん寝る

座ったままなど、ずっと同じ姿勢でいる

➡ 体勢を変えたり動いたりすることが不足している

対策 トイレに立つついでに軽く運動する、カラダを動かすゲームをする、気分転換に外出する

利用時間を自らコントロールする力を身につけることはモチロン大切ですが、それは大人でもなかなか難しいこと。ましてや、学習にも利用する子供たち、無理な我慢や節制を強いるより、何が足りていないかを見つけ、それを補うことに力を入れるほうが取り組みやすいはずです。1日は24時間しかないのですから、不足がちなことをやろうとすれば、自然と他の時間が減っていきます。まずは、どんな使い方をしているか親子で話し合いながら「足りていないこと」を一緒に考え、できる補充から始めてみましょう!
ネットを介したコミュニケーションには限界があるから

「人と人との触れ合いは、人が生きていくためには必須」 とも言われ、人との触れ合いが減って精神的なバランスがうまく保てなくなる人もいるようです。人とのつながりをSNSに求めることもできますが、「中にはイライラを発散するような人もいるし、余計なストレスが増えてしまうこともある」 という声も。不特定多数の文字中心のコミュニケーションには、リアルな触れ合いの代わりとしての限界があるのです。

おおぜいが集まるリアルな場では、初めて会った人とも知り合いになれたり、話したい人だけに耳打ちをしたり、公にはできない話題をヒソヒソ話すこともできますが、オンラインミーティングでは、そんな人間らしいコミュニケーションはなかなか難しく、中途半端なモヤモヤ感が残りがち。また、人との交流の欠如により社交不安が生まれると、ネット依存傾向が強まる可能性があるという調査結果もあるようです。

5G時代となり、VRの発達などで自宅に居ながら接客をしたり受けたりすることができるようになりました。メリットが多い映像と音声によるコミュニケーションであったとしても、目の前にいないことのリスクや不安はなくなりません。たとえマスクをつけたままでも、同じ場所にいるほうが安心なのです♥

こんな時期だからリアルな人との触れ合いを大切にして、心身の健康維持を!

動画コンテンツ集