特集ページ

インターネット上の海賊版対策

海賊版が利用されるとどうなる!?

海賊版の利用は悪質業者のみを儲けさせ、制作側の収入は大幅減
その結果、新たな作品をつくれなくなる可能性があります。

海賊版のダウンロードをすると…

悪質業者が儲かる一方で、
正規版が売れず、
制作側が儲からない

新しい作品を
つくれなくなる…

  • 海賊版ダウンロード
    違法化
  • もちろん海賊版の
    アップロードも違法

海賊版のダウンロードやめると…!

正規版が売れて
制作側が儲かる

新しい作品を
つくれる!

インターネット上の海賊版対策のための著作権法改正

(令和3年1月1日よりスタート)

  • 全ての海賊版のダウンロードが違法に

    ・音楽や映像に加え、雑誌や書籍ほか著作物全般に適用
    ・公開はもちろん、違法と知りつつダウンロードするのも違法

  • 罪に問われる場合もある

    ・正規版が有償で提供されている著作物の海賊版を反復・継続してダウンロードした場合、権利者が告訴すれば、罪に問われる可能性がある。
    (2年以下の懲役・200万円以下の罰金)

その他の海賊版対策

  • 文化庁

    近年、海賊版による著作権の侵害が多発し、クリエイター等の作品を作った人が被害を受けている状況です。
    正規品を利用することで、本当に作品を作った人を応援できるように、この度、著作権広報大使である「ハローキティ」を利用した海賊版についての意識啓発動画を2本作成していますので、是非御覧ください。
  • 一般社団法人 ABJ

    人気漫画24作品のキャラによる24種類のメッセージバナーを、SNSを中心とするインターネット上で展開。メインコピー「きみを犯罪者にしたくない。」と24作品のキャラを配置した特設ページを(一社)ABJウェブサイト内に作成し、海賊版と知りながらダウンロードすると罪に問われる可能性があることを強く訴えています。
  • 一般社団法人 コンテンツ海外流通促進機構(CODA)

    日本が誇るマンガ・アニメを全世界で守り、さらなる良質な作品を生むプロジェクト「Manga-Anime Guardians Project」(MAGP)の普及啓発活動として、マンガ・アニメ海賊版対策協議会が出版広報センターの協力を得て、人気作家たちが描き下ろした啓発漫画16作品を公開しています。
  • 一般社団法人 日本民間放送連盟

    放送番組の無断アップロードが違法であることへの理解を深めてもらうため、違法配信撲滅キャンペーンを実施しています。

インターネット
トラブル事例集

動画コンテンツ集