総務省トップ > 政策 > 地方行財政 > 地方税制度 > 平成28年度から軽自動車税の税率が変わります

平成28年度から軽自動車税の税率が変わります

 毎年4月1日に軽自動車等をお持ちの方に課税される軽自動車税(市町村税)について、平成28年度から新しい制度が適用され、多くの軽自動車等で、従来とは税率が変わります。

(1)四輪の軽自動車等について

○ 標準税率の引上げ

 平成27年4月1日以後に最初の新規検査を受けた軽四輪車等(三輪以上の軽自動車)について、新税率が適用されます。
 なお、平成27年3月31日までに最初の新規検査を受けた軽四輪車等については、旧税率が適用され、税率の変更はありません。

車種区分 標準税率
旧税率 新税率
三輪 3,100円 3,900円          
四輪以上 乗用 自家用 7,200円 10,800円             
営業用 5,500円 6,900円          
貨物用 自家用 4,000円 5,000円          
営業用 3,000円 3,800円          

○ 経年車重課

 グリーン化(環境への負荷の低減に資するための施策)を進める観点から、最初の新規検査から13年を経過した軽四輪車等について、平成28年度分から、当該車両に係る軽自動車税について概ね20%税率が上乗せされる「経年車重課」が導入されます。

車種区分 重課税率
三輪 4,600円         
四輪以上   乗用 自家用 12,900円         
営業用 8,200円         
貨物用 自家用 6,000円         
営業用 4,500円         

○ グリーン化特例(軽課)

 環境性能の優れた軽四輪車等の普及を促進するため、平成27年4月1日から平成28年3月31日までに最初の新規検査を受けた軽四輪車等について、平成28年度分の軽自動車税に限り、燃費性能に応じて税率を軽減する「グリーン化特例(軽課)」が導入されます。

  • 対象区分

    <軽乗用車>

    対象車 内容
    電気軽自動車等 税率を概ね75%軽減
    H32年度燃費基準+20%達成車 税率を概ね50%軽減
    H32年度燃費基準達成車 税率を概ね25%軽減

    <軽貨物車>

    対象車 内容
    電気軽自動車等 税率を概ね75%軽減
    H27年度燃費基準+35%達成車 税率を概ね50%軽減
    H27年度燃費基準+15%達成車 税率を概ね25%軽減

    ※ 「電気軽自動車等」:電気軽自動車及び天然ガス軽自動車(ポスト新長期規制からNOx10%低減)とする。
    ※ ガソリン車・ハイブリッド車は、いずれも平成17年排出ガス基準75%低減達成車(★★★★)に限る。
    ※ 「H32年度燃費基準+○%達成車」:エネルギーの使用の合理化等に関する法律(省エネ法)に基づき設定された、平成32年度を目標年度とする自動車の燃費目標基準を○%以上超過達成している軽自動車。
    ※ 「H32年度燃費基準達成車」:エネルギーの使用の合理化等に関する法律(省エネ法)に基づき設定された、平成32年度を目標年度とする自動車の燃費目標基準を達成している軽自動車。
    ※ 「H27年度燃費基準+○%達成車」:エネルギーの使用の合理化等に関する法律(省エネ法)に基づき設定された、平成27年度を目標年度とする自動車の燃費目標基準を○%以上超過達成している軽自動車。

  • 軽減例
    車種区分 軽課
    25%軽減 50%軽減 75%軽減
    四輪以上 乗用 自家用 8,100円 5,400円 2,700円
    営業用 5,200円 3,500円 1,800円

(2)二輪車等について

 二輪車等(原動機付自転車(125cc以下、ミニカー)、軽二輪車(125cc超250cc以下)、小型二輪車(250cc超))については、古い、新しいを問わず、平成28年度分から、全ての車両について税率が変わります。

車種区分 新税率
原動機付自転車 50cc以下 2,000円
50cc超90cc以下 2,000円
90cc超125cc以下 2,400円
ミニカー 3,700円
軽二輪(125cc超250cc以下) 3,600円
小型二輪(250cc超) 6,000円

軽自動車税の概要及び改正の概要等はこちらから

ページトップへ戻る