総務省トップ > 組織案内 > 研究会等 > 長期増分費用モデル研究会 > 長期増分費用モデル研究会(第66回)配付資料・議事概要

長期増分費用モデル研究会(第66回)配付資料・議事概要

日時

令和元年11月5日(火)11:00〜

場所

総務省8階 第1特別会議室

議事

  1. 次期LRICモデルに向けた見直し検討について
  2. 第八次モデルを用いたユニバーサルサービスコスト算定方法について
  3. 令和2年度接続料算定に用いる入力値の見直しについて
     

出席者

(構成員)
齊藤座長、酒井座長代理、相田構成員、北口構成員、佐藤構成員、関口構成員、高橋構成員、森川構成員(敬称略)

(オブザーバー)
KDDI株式会社、ソフトバンク株式会社、西日本電信電話株式会社、東日本電信電話株式会社、株式会社三菱総合研究所

(総務省)
谷脇総合通信基盤局長、竹村電気通信事業部長、大村料金サービス課長、中村料金サービス課企画官、田中料金サービス課課長補佐、小澤料金サービス課課長補佐

配付資料

(※ 資料3−2〜資料3−7につきましては、非公開とします。)

議事概要

  1. 次期LRICモデルに向けた見直し検討について
    • モデル検討ワーキンググループの相田主査及び事務局より、次期LRICモデルに向けた見直しの検討状況について報告があり、質疑を行った。
    • 次期LRICモデルに向けた見直しについて、引き続き当該ワーキンググループにおいて検討を進めることが了承された。
  2. 第八次モデルを用いたユニバーサルサービスコスト算定方法について
    • 事務局より、第八次モデルを用いたユニバーサルサービスコスト算定方法について説明があり、当該算定方法について了承された。
  3. 令和2年度接続料算定に用いる入力値の見直しについて
    • 事務局より、令和2年度接続料算定に用いる入力値の見直しについて説明があり、当該入力値が了承された。

議事要旨

議事要旨

ページトップへ戻る

長期増分費用モデル研究会
サイドナビここから
サイドナビここまで