総務省トップ > 組織案内 > 研究会等 > デジタル・ネットワーク社会における出版物の利活用の推進〜 > 「知のデジタルアーカイブに関する研究会」(第3回)開催案内

開催案内

「知のデジタルアーカイブに関する研究会」(第3回)開催案内

日時

平成23年6月8日(水)13:30〜15:30

場所

三田共用会議所3階大会議室(東京都港区三田2丁目1番8号)

議題(予定)

(1)災害とデジタルアーカイブ

<構成員プレゼンテーション>
 ・新構成員(株式会社IIJイノベーションインスティテュート技術研究所主幹研究員)
 ・大場構成員(国立国会図書館関西館・電子図書館課長)
 ・常世田構成員(社団法人日本図書館協会理事・事務局次長)
 ・水谷構成員(独立行政法人国立美術館本部情報企画室長/東京国立近代美術館企画課情報資料室長)

<ゲストプレゼンテーション>
 ・岡本真氏(アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー,saveMLAKプロジェクト リーダー)
 ・別所直哉氏(ヤフー株式会社CCO法務本部長)

<フリーディスカッション>

(2)その他

傍聴申し込み方法

1.傍聴を希望される場合は、平成23年5月31日(火)17:00までに、(1)会議名、(2)氏名、(3)職業(お勤めの方は勤務先)、(4)連絡先(電話番号、FAX番号及び電子メールアドレス)を電子メール又はFAXで下記連絡先まで登録をお願いします。
 注1:車椅子をお使いになられる方はその旨御連絡ください。
 注2:介助の方や通訳の方がいらっしゃる場合はその方のお名前もお書き添え下さい。
2.席に限りがありますので、傍聴希望多数の場合は、人数制限をさせていただく場合がありますので、あらかじめ御了承ください(抽選の結果、傍聴できない方には、申し込みいただいた方法により連絡を差し上げます。なお、傍聴可能な方には、特段通知はいたしません。)。
3.傍聴希望の電子メールの件名として「知デジ研(第3回)傍聴希望」と明記されていない電子メールについては、ネットワークのセキュリティ管理の観点から、受付できないことがありますので、あらかじめ御了承願います。
 
 

傍聴にあたっての留意事項

傍聴に当たっては、下記の留意事項をお守りください。お守りいただけない場合は、退室していただくことがあります。

1.傍聴は指定された場所でお願いします。
2.携帯電話、PHS等については、必ず電源を切るか、呼出し音を消音してください。
3.静粛に傍聴し、喧噪にわたる行為は行わないようにお願いします。
4.会議開始5分前までに入室願います。
5.会議中の撮影、録音は特に認められた場合を除き、御遠慮ください。
6.会議中の入退室は、やむを得ない場合を除き、御遠慮ください。
7.その他、総務省職員の指示に従うようお願いします。

連絡先

総務省 情報流通行政局 情報流通振興課
(担 当:松田統括補佐、白石制度係長、笠岡官)
電 話:03−5253−5748(直通)
E-mail:lets.shodeji<@>ml.soumu.go.jp
FAX:03−5253−5752
注)迷惑メール対策のため、「@」を「<@>」と表示しております。送信の際には、「<@>」を「@」に置き換えてください。

ページトップへ戻る

デジタル・ネットワーク社会における出版物の利活用の推進に関する懇談会
サイドナビここから
サイドナビここまで