総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 大規模災害等緊急事態における通信確保の在り方について 中間取りまとめの公表

報道資料

平成23年8月2日

大規模災害等緊急事態における通信確保の在り方について
中間取りまとめの公表

 総務省は、「大規模災害等緊急事態における通信確保の在り方に関する検討会」(座長:桜井俊 総務省総合通信基盤局長)の中間取りまとめを公表します。

1 経緯

 総務省では、緊急事態における通信手段の確保の在り方について検討することを目的として、平成23年4月から「大規模災害等緊急事態における通信確保の在り方に関する検討会」を開催しております。
 7月29日の第5回会合において、これまでの検討会における議論を踏まえ、中間取りまとめを行いましたので公表いたします。

2 中間取りまとめ

○大規模災害等緊急事態における通信確保の在り方について 中間取りまとめ概要(別添1)PDF
○大規模災害等緊急事態における通信確保の在り方について 中間取りまとめ(別添2)PDF

3 今後の予定

 中間取りまとめ第6章のアクションプランにおいて、「本検討会での検討を受けて各主体が速やかに取り組むべき事項」と整理されたものについては、各主体において速やかに具体的な取組に着手するとともに、「本検討会において引き続き検討を深める事項」と整理されたものについては、今後の検討会において引き続き検討を行い、本年末を目途に最終取りまとめを行う予定です。


〈関係資料〉
○「大規模災害等緊急事態における通信確保の在り方に関する検討会」の開催(平成23年4月7日)
  (URL)http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban02_01000018.html
※ 本研究会の配付資料等については、次のURLを参照してください。 
  (URL)http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/saigai/index.html
連絡先
総務省総合通信基盤局電気通信事業部事業政策課
担当:富岡補佐、相川係長、中村、甚田、野田
電話:03-5253-5836(直通)
FAX:03-5253-5838

ページトップへ戻る