総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 「電気通信事業分野における競争の促進に関する指針」改定(案)に関する意見募集

報道資料

平成24年2月17日

「電気通信事業分野における競争の促進に関する指針」改定(案)に関する意見募集

総務省は、電気通信事業法及び日本電信電話株式会社等に関する法律の一部を改正する法律(平成23年法律第58号)による電気通信事業法等の改正、及び「ブロードバンド普及促進のための環境整備の在り方」に関する情報通信審議会答申を受け、「電気通信事業分野における競争の促進に関する指針」改定(案)を作成しました。
 この改定(案)について、平成24年2月18日(土)から同年3月19日(月)までの間、意見募集を行います。

1 改定の背景

 総務省は、平成13年11月、公正取引委員会と共同して、電気通信事業分野における競争を促進する観点から、電気通信事業法(昭和59年法律第86号)及び独占禁止法(昭和22年法律第54号)に関するそれぞれの基本的考え方及び問題行為等を規定した「電気通信事業分野における競争の促進に関する指針」(以下「共同ガイドライン」といいます。)を策定・公表しており、その後、累次改定してきています。
 総務省では、平成21年10月から「グローバル時代におけるICT政策に関するタスクフォース」を開催し、全ての世帯におけるブロードバンド利用の実現を目標とする「光の道」構想の実現に向けた検討を行いました。これを踏まえて第177回国会において成立した電気通信事業法及び日本電信電話株式会社等に関する法律の一部を改正する法律により電気通信事業法第31条の一部が改正され、これに伴い、電気通信事業法施行規則(昭和60年郵政省令第25号)の一部を改正しました。これらの改正により、第一種指定電気通信設備を設置する事業者は、接続の業務に関して知り得た情報を適正に管理等するための体制の整備その他必要な措置を講ずるとともに、業務委託先子会社等に対する必要かつ適切な監督をすべきとされたことから、その内容を共同ガイドラインに反映する必要があるところです。
 また、同タスクフォースによる検討の後、「ブロードバンド普及促進のための環境整備の在り方」について情報通信審議会(会長:大歳卓麻 日本アイ・ビー・エム株式会社会長)へ諮問し、モバイル市場の競争促進に関して、電気通信事業法第30条に規定する禁止行為規制の適用対象事業者にとって、過剰な萎縮効果が働かないよう、共同ガイドラインの見直しを行うことにより、一層の透明化が図られる余地がないかどうか検討すべきである旨の答申を受けたところです。
 総務省は、これらを踏まえ、共同ガイドラインの改定(案)を作成しました。

2 意見募集要領

意見募集対象:「電気通信事業分野における競争の促進に関する指針」改定(案)(新旧対照表、別紙1PDF
意見提出期限:平成24年3月19日(月)17時必着(郵送の場合も、同日付け必着とします。)

 詳細については別紙2WORDの意見募集要領を御覧ください。

 なお、本改定(案)については、総務省ホームページ(http://www.soumu.go.jp)の「報道資料」欄及び電子政府の総合窓口[e-Gov](http://www.e-gov.go.jp)の「パブリックコメント」欄に掲載するとともに、連絡先窓口において閲覧に供することとします。

3 今後の予定

 意見募集の結果を踏まえて、速やかに当該指針を改定し、公表する予定です。

関係報道資料等


○「光の道」構想に関する基本方針について(平成221214日公表)

URLhttp://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban02_01000010.html

○電気通信事業法施行規則の一部を改正する省令案に対する意見募集の結果(平成23年9月7日公表)

URLhttp://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban02_01000028.html

○ブロードバンド普及促進のための環境整備の在り方−情報通信審議会からの答申−(平成231220日公表)

URLhttp://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban02_02000039.html

連絡先
総合通信基盤局電気通信事業部事業政策課
(担当:大内課長補佐、望月専門職、高橋係長、小村官)
電話 :03-5253-5837(直通)
FAX  :03-5253-5838
E-mail:n-line<atmark>ml.soumu.go.jp
(迷惑メール防止のため、メールアドレスの一部を変えております。「<atmark>」を「@」に置き換えてください。)

ページトップへ戻る