総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 「電話リレーサービスに係るワーキンググループ」報告(案)に対する意見募集

報道資料

令和元年7月5日

「電話リレーサービスに係るワーキンググループ」報告(案)に対する意見募集

 総務省及び厚生労働省は、平成31年1月から「電話リレーサービスに係るワーキンググループ」(主査:酒井 善則 東京工業大学 名誉教授・津田塾大学 客員教授)を開催してきました。

 今般、本ワーキンググループにおいて報告(案)が取りまとめられましたので、令和元年7月6日(土)から同年8月5日(月)までの間、意見募集を行います。

1. 経緯等

 公共インフラとしての電話リレーサービスの実現に向けた様々な課題について検討するため、総務省及び厚生労働省は、平成31年1月から、デジタル活用共生社会実現会議ICTアクセシビリティ確保部会の下に「電話リレーサービスに係るワーキンググループ」を設置し検討を行ってきました。
 今般、これまでの検討の結果を踏まえ、「電話リレーサービスに係るワーキンググループ」報告(案)が取りまとめられましたので、これに対する意見募集を行います。
 

2. 意見募集要綱

(1) 意見募集対象

  「電話リレーサービスに係るワーキンググループ」報告(案)(別紙1PDF

(2) 意見提出期限

   令和元年8月5日(月)12時(郵送の場合は同日付け必着)

   詳細については、意見公募要領(別紙2PDF)を御覧ください。

3. 今後の予定

 本報告(案)に寄せられた意見を踏まえ、報告(案)の内容を確定・公表する予定です。

4. 資料の入手方法

 別紙1及び別紙2の資料については、総務省ホームページ(http://www.soumu.go.jp)の「報道資料」欄に、本日(5日(金))14時を目途に掲載するほか、総務省総合通信基盤局電気通信事業部事業政策課(総務省10階)において閲覧に供するとともに配布します。また、別紙1、別紙2については電子政府の総合窓口[e−Gov](https://www.e-gov.go.jp)の「パブリックコメント」欄にも掲載します。
 

関係資料

○ 電話リレーサービスに係るワーキンググループ 会議資料・開催案内等
  URL: http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/digital_utilization/index.html
連絡先
総合通信基盤局電気通信事業部事業政策課
  (担当:長谷川課長補佐、鈴木主査、柏瀬官)
 電話:03−5253−5837
 FAX  :03−5253−5838
 E-mail:n-line_atmark_ml.soumu.go.jp
(注)迷惑メール防止対策のため「@」を「_atmark_」と表示しております。送信の際には、「@」に置き換えてください。
 
(参考:厚生労働省担当部局)
社会・援護局障害保健福祉部企画課自立支援振興室
  (担当:塩野課長補佐、高村係長、長井官)
 電話:03−3595−2097
 FAX  :03−3503−1237
 

ページトップへ戻る