総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 次世代ネットワーク(NGN)等の接続ルールに関する再意見募集の結果

報道資料

平成29年2月21日

次世代ネットワーク(NGN)等の接続ルールに関する再意見募集の結果

 総務省は、NGNの具体的なアンバンドルの在り方についての検証、その他、接続ルールについての検討を行う際の参考とするため、広く接続ルールに関し、平成28年12月28日(水)より平成29年2月1日(水)までの間、意見募集を行い、さらに同年2月4日(土)から同年2月17日(金)までの間、再意見募集を行ったところ、19件の再意見が提出されましたので公表いたします。

1 背景・目的

 東日本電信電話株式会社及び西日本電信電話株式会社(以下「NTT東日本・西日本」という。)の次世代ネットワーク(Next Generation Network。以下「NGN」という。)は、ベストエフォート型と品質保証型のサービスを統合的に提供可能なIP網であり、音声だけでなく、データ・映像といった高度で多様なサービスの提供が可能です。
 情報通信行政・郵政行政審議会(以下「情郵審」という。)答申「第一種指定電気通信設備接続料規則の一部改正(NGNにおける優先パケット識別機能及び優先パケットルーティング伝送機能のアンバンドル)について」(平成28年11月18日)において、情郵審から総務省に対し、「総務省において、具体的なアンバンドルの在り方について検証が行われること」について要望があったところであり、総務省では、上記検証、その他、接続ルールについての検討を行う際の参考とするため、広く接続ルールに関し、意見募集及び再意見募集を行いました。

2 提出された再意見

 再意見の提出者及び再意見の内容は、別紙PDFのとおりです。
 なお、提出された再意見については、総務省ホームページ(http://www.soumu.go.jp/)の「報道資料」欄及び電子政府の総合窓口[e-Gov](http://www.e-gov.go.jp/)の「パブリックコメント」欄に掲載するとともに、総務省総合通信基盤局電気通信事業部料金サービス課(総務省10階)において閲覧に供するとともに配布します。

3 今後の予定

 意見募集及び再意見募集の結果は、今後、NGNの具体的なアンバンドルの在り方についての検証、その他、接続ルールについての検討を行う際の参考とさせていただく予定です。

関係報道資料

連絡先
総合通信基盤局電気通信事業部料金サービス課
(担当 :柳迫課長補佐、野田係長)
電話 :03−5253−5844
FAX :03−5253−5844
E-mail :setsuzoku@ml.soumu.go.jp
(注) 迷惑メール防止のため、メールアドレスの一部を変えています。「@」を「@」に置き換えてください。

ページトップへ戻る