総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 登録講習機関が行う講習の講義内容、教材に含める事項及び講義時間を定める件の一部を改正する告示案に対する意見募集の結果

報道資料

平成30年3月9日

登録講習機関が行う講習の講義内容、教材に含める事項及び講義時間を定める件の一部を改正する告示案に対する意見募集の結果

 総務省では、平成26年総務省告示第409号(登録講習機関が行う講習の講義内容、教材に含める事項及び講義時間を定める件)の一部を改正することとし、作成した告示案について、本年1月27日から同年2月26日までの間、意見募集を行った結果、2件の意見の提出がありました。ついては、提出された意見及びそれに対する考え方を公表します。

1 概要

 電気通信主任技術者に対して登録講習機関が行う講習の内容については、ネットワーク関連技術の変化の動向を反映する必要があります。そのため、講習の内容を定めた平成26年総務省告示第409号(登録講習機関が行う講習の講義内容、教材に含める事項及び講義時間を定める件)の一部改正を行うものです。

2 意見募集の結果

 提出された意見及びそれに対する考え方は別紙PDFのとおりです。

3 今後の予定

 総務省では、意見募集の結果を踏まえ、速やかに告示改正を行う予定です。

 【関係報道資料】
 「登録講習機関が行う講習の講義内容、教材に含める事項及び講義時間を定める件の一部を改正する告示案に対する意見募集」(平成30年1月26日発表)
 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban05_02000152.html
連絡先
総合通信基盤局 電気通信事業部
電気通信技術システム課
担当:丸山課長補佐、山下係長
電話:03-5253-5862
FAX:03-5253-5863
E-mail:shisutemuka_atmark_soumu.go.jp
※ 迷惑メール対策のため、「@」を「_atmark_」と表示しております。送信の際には、「_atmark_」を「@」に置き換えてください。

ページトップへ戻る