総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 光アクセス回線サービスの卸売を受けて提供するサービスの不適切な電話勧誘についての注意喚起

報道資料

平成27年12月4日

光アクセス回線サービスの卸売を受けて提供するサービスの不適切な電話勧誘についての注意喚起

 本年2月以降、多くの電気通信事業者が、東日本電信電話株式会社及び西日本電信電話株式会社(以下「NTT東西」といいます。)から光アクセス回線サービスの卸売を受け、消費者向けに光アクセス回線サービスを提供しています。
 こうしたサービスに関しては、NTT東西の光アクセス回線サービスからの乗換え(いわゆる「転用」)の電話勧誘を中心に、「申し込んだ覚えがないのに契約先が変更された」等の苦情・相談が、総務省に対して多数寄せられるようになっています。
 このような状況を踏まえ、総務省は、光アクセス回線サービスの「転用」に係る不適切な電話勧誘についての注意事項をまとめましたので、これを公表し、注意を喚起します。

1 注意事項

 別添PDFのとおりです。電気通信サービスの利用者におかれては、不適切な電話勧誘によって意図しない契約を行うこと等がないよう、十分に注意して下さい。

2 問合せについて

 光アクセス回線サービスに係る不適切な電話勧誘に関するお問合せにつきましては、総務省電気通信消費者相談センター又はお近くの総合通信局等まで御連絡ください。
 なお、消費者と事業者間の個別トラブルにつきましては、お話を伺った上で、他機関の紹介などのアドバイスは行いますが、あっせん・仲介を行うことはできませんので、あらかじめ御了承ください。

【光アクセス回線サービスに係る不適切な電話勧誘に関するお問合わせ先はこちら】
 
総務省 電気通信消費者相談センター 03-5253-5900 平日9時30分〜12時、13時〜17時
北海道総合通信局 011-709-3956 平日9時〜12時、13時〜17時
東北総合通信局 022-221-0632
関東総合通信局 03-6238-1935
信越総合通信局 026-234-9952
北陸総合通信局 076-233-4429
東海総合通信局 052-971-9133
近畿総合通信局 06-6942-8519
中国総合通信局 082-222-3376
四国総合通信局 089-936-5042
九州総合通信局 096-326-7862
沖縄総合通信事務所 098-865-2302
 
 【個別トラブルの御相談についてはこちら】
 
○消費者ホットライン(全国統一番号) 188(局番なし)
 身近な消費生活相談窓口を御案内します。
 ※ 一部のIP電話、プリペイド式携帯電話からは御利用いただけません。

○最寄りの消費生活センターを検索する
 http://www.kokusen.go.jp/map/index.html別ウィンドウで開きます
 
 
連絡先
総合通信基盤局電気通信事業部消費者行政課
消費者保護ルール担当
電話: 03-5253-5488 FAX: 03-5253-5948

ページトップへ戻る