総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > アマチュア無線技士国家試験に係る試験科目(電気通信術(モールス電信))の見直し案に対する意見募集について

報道資料

平成22年11月22日

アマチュア無線技士国家試験に係る試験科目(電気通信術(モールス電信))の見直し案に対する意見募集について

 総務省は、平成17年に第三級アマチュア無線技士の電気通信術(モールス電信)の試験科目を廃止して以降、アマチュア無線技士国家試験における電気通信術の試験方法のあり方について検討を続けてきましたが、今般、第一級及び第二級アマチュア無線技士国家試験に係る試験科目(電気通信術(モールス電信))の見直し案を、別添のとおり取りまとめましたので、平成22年11月22日(月)から同年12月22日(水)までの間、意見を募集します。

1 趣旨
 平成17年に第三級アマチュア無線技士の国家試験の科目から電気通信術(モールス電信)に関する実技試験が削除され、以後、法規に関する筆記試験によりモールス電信の知識を確認する方法へ改正が行われました。
 総務省では、その後もアマチュア無線技士の電気通信術(モールス電信)の試験方法の在り方について検討を続けて参りましたが、欧米の主要な各国においてもアマチュア無線技士についてモールス電信に関する技能試験が廃止されているなどの現状にかんがみ、今般、受験者の負担軽減の観点から第一級アマチュア無線技士及び第二級アマチュア無線技士の国家試験に係る試験科目の見直し案を、別添のとおり取りまとめましたので意見を募集します。
 
2 意見公募対象及び意見提出要領等
(1) 意見公募対象
  アマチュア無線技士国家試験に係る試験科目(電気通信術(モールス電信))の見直し案(別添
  なお、本案については、連絡先において閲覧に供するとともに、総務省のホームページ(http://www.soumu.go.jp)の「報道資料」欄及び電子政府の総合窓口[e-Gov](http://www.e-gov.go.jp)の「パブリックコメント」欄に掲載します。
(2) 意見提出期限
  平成22年12月22日(水)午後5時(必着)(郵送の場合は、同日付けの消印まで有効)
(3) 意見提出要領等
  別紙の意見公募要領のとおりです。
 
3 今後の予定
寄せられた意見を踏まえ、関係法令等の改正作業を行う予定です。

連絡先

総合通信基盤局電波部電波政策課
 浅見検定試験官、近藤係長、田邉係長
 電話:(代表)03-5253-5111(内線5876)
     (直通)03-5253-5876
 FAX:03-5253-5940
 E-mail:
  radio_operator_atmark_ml.soumu.go.jp
※スパムメール対策のため、「@」を「_atmark_」として表示しております。送信の際には、「@」に変更してください。

ページトップへ戻る