総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 令和元年度における電波資源拡大のための研究開発及び異システム間の周波数共用技術の高度化に関する研究開発に係る提案公募の結果

報道資料

令和元年7月25日

令和元年度における電波資源拡大のための研究開発及び異システム間の周波数共用技術の高度化に関する研究開発に係る提案公募の結果

 総務省は、令和元年度から新規に実施する「電波資源拡大のための研究開発及び異システム間の周波数共用技術の高度化に関する研究開発」に係る提案公募を実施し、応募のあった提案について外部評価の結果、3件の提案を採択しました。 

1 概要

 総務省では、新たな電波利用ニーズの拡大に対応するため、周波数のひっ迫状況を緩和し、電波の有効利用を目的とした「電波資源拡大のための研究開発」を実施しています。
 また、第5世代移動通信システム(5G)等の新たな電波利用ニーズに対応するため、周波数の効率的な利用や共同利用を一層推進することを目的として、令和元年度から新たに「異システム間の周波数共用技術の高度化に関する研究開発」を実施します。
 今般、令和元年度から新規に実施する「電波資源拡大のための研究開発及び異システム間の周波数共用技術の高度化に関する研究開発」について、平成31年3月21日(木)から同年4月22日(月)まで公募を行い、9件の研究開発課題に対して、民間企業等の研究機関から38件の応募がありました。
 また、令和元年5月17日(金)から同年6月17日(月)まで再公募を行い、3件の応募がありました。
 

2 採択結果

 「電波利用料による研究開発等の評価に関する会合」での審査結果を踏まえ、別紙PDFのとおり採択しました。
 
関係報道資料:
○平成31年度における電波資源拡大のための研究開発及び異システム間の周波数共用技術の高度化に関する研究開発の基本計画書(案)に対する意見募集の結果及び提案の公募(平成31年3月20日)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban09_02000290.html

○令和元年度における異システム間の周波数共用技術の高度化に関する研究開発の提案の公募(再公募)(令和元年5月16日)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban09_02000299.html

○令和元年度における電波資源拡大のための研究開発及び異システム間の周波数共用技術の高度化に関する研究開発に係る提案公募の結果(令和元年6月18日)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban09_02000305.html
連絡先
【電波資源拡大のための研究開発について】
総務省 総合通信基盤局 電波部 電波政策課
担当:皆川検定試験官、服部係長、岡元調査員
電話:(代表)03-5253-5111 (内線)5876
(直通)03-5253-5876
(FAX)03-5253-5940
(E-mail)wireless-rd_atmark_ml.soumu.go.jp

【異システム間の周波数共用技術の高度化に関する研究開発について】
総務省 総合通信基盤局 電波部 電波政策課
担当:宮澤周波数調整官、平野係長
電話: (代表)03-5253-5111 (内線)5874
(直通)03-5253-5874
(FAX)03-5253-5940
(E-mail)freq-ap_atmark_ml.soumu.go.jp

※スパムメール対策のため、「@」を「_atmark_」と表示しております。送信の際には、「_atmark_」を「@」に変更してください。

ページトップへ戻る