総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 北朝鮮が打ち上げた「人工衛星」と称する弾道ミサイル発射に係る電波監視について(2月7日(日)13時00分時点)

報道資料

平成28年2月7日

北朝鮮が打ち上げた「人工衛星」と称する弾道ミサイル発射に係る電波監視について(2月7日(日)13時00分時点)

 三浦電波監視センターPDFに対し、「人工衛星」と称する弾道ミサイル発射の事実を伝え、電波の入感状況の調査確認を徹底するよう指示したところ。(平成28年2月7日(日)09時36分指示)
 同センターでは、宇宙電波監視を引き続き行っている。
 現時点ではミサイル発射及び人工衛星に係る電波の入感は確認されていない。
連絡先
総合通信基盤局 電波部 監視管理室
電話: 03-5253-5912 (直通)

ページトップへ戻る