総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 「ICT超高齢社会構想会議 基本提言」の公表

報道資料

平成25年4月19日

「ICT超高齢社会構想会議 基本提言」の公表

 総務省では、超高齢社会がもたらす様々な課題の解決に資するICT(情報通信技術)の活用方策等について検討することを目的として、「ICT超高齢社会構想会議」(座長:小宮山宏 株式会社三菱総合研究所理事長)を開催してきました。このたび、同会議において基本提言が取りまとめられましたので、公表します。

1 背景・目的

 世界に先駆けて超高齢社会を迎えた我が国においては、経済活動や社会保障制度、国民生活、地域コミュニティ等の在り方について、従来の政策手法では対応できない課題に直面しています。これらの課題を解決し、社会に新たな価値をもたらす原動力として、距離や時間の問題を克服できるICTが持つ「ネットワーク力」への期待が高まっています。
 このような状況を踏まえ、総務省では、超高齢社会がもたらす課題を解決し、新たな社会モデルの確立に向けたICT利活用の推進方策を検討するため、本会議を開催してきました。
 このたび、本会議における議論を踏まえ、基本提言を取りまとめましたので公表します。

2 添付資料 

<関連資料>

○ICT超高齢社会構想会議の開催状況
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/ict_cho-koureika/index.html
連絡先
総務省情報流通行政局情報流通振興課
情報流通高度化推進室
 (担当:松本課長補佐、小澤係長、本田官)
  電話:03-5253-5751(直通)
  FAX:03-5253-5752
総務省情報流通行政局情報通信利用促進課
 (担当:佐藤課長補佐、中係長)
  電話:03-5253-5743(直通)
  FAX:03-5253-5745

ページトップへ戻る