総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 「オープンデータ・アプリコンテスト」の開催

報道資料

平成25年11月28日

「オープンデータ・アプリコンテスト」の開催

 総務省及びオープンデータ流通推進コンソーシアムは、総務省が実施しているオープンデータ実証実験においてオープンデータ化される様々な公共データを活用したアプリケーションの開発を一般公募により行うこととし、優秀アプリケーションについて表彰を行う「オープンデータ・アプリコンテスト」を開催します。

1 概要

 国、地方公共団体、公益企業等が保有する公共データを二次利用しやすい形でオープン化する「オープンデータ」の取組は、民間における公共データの活用を促進し、経済活性化等を促進するものです。
 総務省では、平成24年7月にIT総合戦略本部において決定された「電子行政オープンデータ戦略」に基づき、平成24年度から、オープンデータのための技術・データの利用ルールの確立、オープンデータ化のメリットの可視化等のための実証実験を実施しており、平成24年度の成果の1つとして、情報流通連携基盤の仕様書(第1版)を策定し、意見募集を実施したところです。
 本年度においても、引き続き、実証実験を実施しているところですが、民間における公共データの活用を促進するため、実証実験でオープンデータ化された公共データを活用したアプリケーションの開発を一般公募により行うこととし、この度、「オープンデータ・アプリコンテスト」を開催するものです。
 本コンテストでは、応募のあったアプリケーションについて、オープンデータ流通推進コンソーシアムの利活用・普及委員会において審査を行い、優秀なものについては、平成26年3月13日開催予定の第4回同委員会において表彰を行う予定です。

2 主催等

主催:総務省及びオープンデータ流通推進コンソーシアム
共催:株式会社エヌ・ティ・ティ・データ、富士通株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所、株式会社パスコ、株式会社横須賀テレコムリサーチパーク、ウェザー・サービス株式会社

3 各実証実験の概要

 本年度実施している7つの実証実験の概要は、一覧表(PDFPDF/DOCXWORD)・概要図(PDFPDF/PPTX)のとおりです。

4 応募資格・応募方法

(1) 応募資格
 個人、グループ、法人を問わず、どなたでも応募可能です。また、ひとりの応募者が、複数のアプリケーションを応募することも可能です。
 
(2) 応募方法
 オープンデータ流通推進コンソーシアムのコンテスト専用ウェブサイト(http://www.opendata.gr.jp/2013contest/別ウィンドウで開きます)から、ア)応募者及び応募するアプリケーションの概要、及びイ)応募するアプリケーションを、オープンデータ流通推進コンソーシアム・アプリコンテスト事務局あてに提出してください。
 

5 審査

 応募アプリケーションの審査は、オープンデータ流通推進コンソーシアム 利活用・普及委員会の委員が行います。

6 表彰

 審査結果に基づき、合計10点のアプリケーションを表彰します(副賞あり)。

7 スケジュール

平成25年 11/28(木) 告知(本報道発表)
平成26年 1月上旬〜下旬 開発者サイト公開・データ提供開始
2/3(月) 応募受付開始
2/17(月)正午【厳守】 応募締切
3/13(木)10時〜12時 第4回 利活用・普及委員会
・受賞者によるプレゼンテーション
・表彰式

8 その他

 上記はコンテストの大まかな概要を記載したものです。応募資格、応募方法等の詳細情報や、開発者サイト公開及びデータ提供開始の具体的な時期等の追加情報については、オープンデータ流通推進コンソーシアムのコンテスト専用ウェブサイト(http://www.opendata.gr.jp/2013contest/別ウィンドウで開きます)をご確認ください。
 また、本コンテストについて問い合わせ等がある場合には、オープンデータ流通推進コンソーシアム・アプリコンテスト事務局(電話番号:03-6705-6016/電子メール:opendata-contest(アットマーク)mri.co.jp)までご連絡ください。

<参考情報>

連絡先
総務省 情報流通行政局 情報流通振興課
後白課長補佐、杉野係長
電話:03−5253−5748(直通)
FAX:03−5253−5752

ページトップへ戻る