総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 「ビッグデータの活用による路面管理及び農業の高度化」、「放送・通信分野等における公的個人認証サービスの利活用」及び「スマートプラチナ社会の構築」に関する実証に対する意見募集の結果

報道資料

平成26年4月25日

「ビッグデータの活用による路面管理及び農業の高度化」、「放送・通信分野等における公的個人認証サービスの利活用」及び「スマートプラチナ社会の構築」に関する実証に対する意見募集の結果

 総務省は、「ビッグデータの活用による路面管理及び農業の高度化」、「放送・通信分野等における公的個人認証サービスの利活用」及び「スマートプラチナ社会の構築」に関する実証について平成26年3月27日(木)から4月16日(水)までの間、広く意見を募集しました。
その結果、合計47件の意見の提出があり、提出された意見の結果を取りまとめましたので公表します。

1 意見募集の目的

 本意見募集は、総務省が実施する下記2記載の各実証について、より効率的・効果的なものとする観点から、実証の実施に先立ち、実証における実証項目、実証成果の普及展開に係る要件、本事業実証の実施主体を決定する際の評価軸の在り方等に関して、広く意見を募集したものです。

2 意見募集の結果

 提出された意見は次のとおりです。
(1)「ビッグデータの活用による路面管理の高度化における実証」(12件)(別紙1PDF
(2)「ビッグデータの活用による農業の高度化における実証」(9件)(別紙2PDF
(3)「放送・通信分野等における公的個人認証サービスの利活用に関する実証」(7件)  (別紙3PDF
(4)「スマートプラチナ社会の構築に関する実証」(19件)(別紙4PDF)  
  (1)在宅医療・介護に係る情報連携基盤の全国展開  
  (2)ICT健康モデル(予防)の確立 
  (3)新たなワークスタイル(テレワーク)の実現  
  (4)ICTリテラシーの向上

3 今後の予定

総務省では、意見募集の結果を参考とさせていただき、今後、調達仕様書の作成を行います。

<関連報道発表資料>

○「ビッグデータの活用による路面管理及び農業の高度化」、「放送・通信分野等における公的個人認証サービスの利活用」及び「スマートプラチナ社会の構築」に関する実証に対する意見募集(平成26年3月26日)
URL:http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu02_02000092.html 別ウィンドウで開きます
連絡先
(1)「ビッグデータの活用による路面管理の高度化における実証」
(2)「ビッグデータの活用による農業の高度化における実証」

情報流通行政局情報流通振興課
担当:後白課長補佐、岸本官
メール:infra_agri<@>ml.soumu.go.jp
電話:03−5253−5748(直通)
FAX:03−5253−5752


(3)「放送・通信分野等における公的個人認証サービスの利活用に関する実証」

情報流通行政局情報流通振興課
担当:坂本課長補佐、中里官、棚橋官
メール:kyotsu-id<@>ml.soumu.go.jp
電話:03−5253−5748(直通)
FAX:03−5253−5752

(4)「スマートプラチナ社会の構築に関する実証」

情報流通行政局情報流通振興課
情報流通高度化推進室
担当:小澤課長補佐、棚田係長
情報流通行政局情報通信利用促進課
担当:佐藤課長補佐、原田主査
メール:choukoureishakai-ict-kentoukai<@>ml.soumu.go.jp
電話:03−5253−5751(直通)
FAX:03−5253−5752

※迷惑メール対策のため、「@」を「<@>」と表示しております。送信の際には、「<@>」を「@」に置き換えてください。

ページトップへ戻る