総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > インターネットバンキングに係るマルウェアへの感染者に対する注意喚起の実施

報道資料

平成26年7月18日

インターネットバンキングに係るマルウェアへの感染者に対する注意喚起の実施

 昨今、コンピュータのマルウェア(※)感染を原因とするインターネットバンキング不正送金事案が多発しており、これを踏まえて現在、インターネットバンキングに係るマルウェアの国際的な感染駆除作戦が行われております。
 総務省は本作戦への協力の一環として、「官民連携による国民のマルウェア対策支援プロジェクト(プロジェクト名:Advanced Cyber Threats response InitiatiVE(略称「ACTIVE」))」を通じた感染者への注意喚起を実施します。
 ※マルウェア:悪意のあるソフトウェアの総称であり、コンピュータに感染することによって、スパムの配信や情報窃取などの遠隔操作を自動的に実行するプログラムのこと。

1 経緯等

 昨今、インターネットバンキングを通じた不正送金事案が多発しており、今年に入ってからの被害総額が既に昨年の被害総額を突破するなどその被害も拡大傾向にあります。
 不正送金事案の多くはコンピュータへのマルウェア感染が原因であり、これらの不正送金事案への対策として、米国連邦捜査局(FBI)及び欧州刑事警察機構(ユーロポール)を中心としたインターネットバンキングに関するマルウェア(Game Over Zeus)の国際的な駆除作戦の実施について発表がありました。
 本作戦により、感染端末の特定が可能になることから、総務省は安心・安全なネットワーク環境の実現を図るため、本作戦への協力として、一般財団法人日本データ通信協会テレコム・アイザック推進会議と連携し、平成25年11月1日より実施している「官民連携による国民のマルウェア対策支援プロジェクト(ACTIVE)」を通じて、当該マルウェアに感染している利用者への注意喚起を実施します。

2 実施内容

 本作戦において得られた当該マルウェアへの感染端末に関する情報を元に、ACTIVEの取組を活用して、一般財団法人日本データ通信協会テレコム・アイザック推進会議から、国内インターネット・サービス・プロバイダ(ISP)事業者に対して感染者に関する情報提供を行い、各ISP事業者から利用者への注意喚起を促進します。

<関係情報>

○ インターネットバンキングに係る不正送金事犯に関連する不正プログラム等の感染端末の特定及びその駆除につい
 て〜国際的なボットネットのテイクダウン作戦〜(警察庁発表資料)
 URL:http://www.npa.go.jp/cyber/goz/index.html
連絡先
情報流通行政局情報流通振興課
情報セキュリティ対策室
(担当:平松課長補佐、本田係長)
電話:03-5253-5749(直通)
FAX:03-5253-5752

ページトップへ戻る