総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 放送コンテンツ海外展開強化促進モデル事業に関する事業企画の公募の結果

報道資料

平成26年10月10日

放送コンテンツ海外展開強化促進モデル事業に関する事業企画の公募の結果

総務省は、標記について請負主体を通じて公募を行い、外部評価の結果を踏まえ、対象となる事業企画を選定しました。

1 経緯

 総務省では、平成25年度補正予算(放送コンテンツ海外展開強化促進モデル事業)により、クールジャパン推進に向けた放送コンテンツ海外展開の促進のため、日本の放送局や番組製作会社等が、異業種を含む周辺産業との連携等による新たなビジネスモデルの構築、地域の活性化などを目的とした放送コンテンツを製作し、継続的に発信するためのモデル事業を実施しています(事業の概要は別紙PDF参照。)。

2 選定結果

 平成26年8月7日(木)から同年9月5日(金)までの間、請負主体を通じて公募を行ったところ、計140件の応募があり、外部評価の結果を踏まえ、計31件の事業企画を選定しました(※)。  

 ※ 応募・選定状況の詳細については、各請負主体のウェブサイトを御参照ください。
周辺産業との連携・地域活性化を目的とした放送コンテンツの海外展開に関するモデル事業
(請負主体:株式会社野村総合研究所。下記URL参照。)
http://www.nri.com/jp/opinion/r_report/soumu/g_model/index.html
応募:93件
選定:20件
放送コンテンツによる地域活性化に向けたモデル事業
(請負主体:株式会社電通。下記URL参照。)
http://soumu-contents.jp/
応募:47件
選定:11件

<関係報道資料>

放送コンテンツ海外展開強化促進モデル事業に関する事業企画の公募(平成26年8月7日)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu04_02000036.html
連絡先
情報流通行政局情報通信作品振興課(コンテンツ振興課)
担当:山中課長補佐、鳥羽係長、目賀田主査、高橋官
電話:03−5253−5739
FAX :03−5253−5740

ページトップへ戻る