総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 「ブロードバンドの活用による放送サービスの高度化に向けた実証」事業に係る公募の結果

報道資料

平成29年7月12日

「ブロードバンドの活用による放送サービスの高度化に向けた実証」事業に係る公募の結果

 総務省では、標記について請負主体を通じて公募を行い、外部評価の結果を踏まえ、対象となる事業企画を選定しました。

1 経緯

 ブロードバンドの普及や視聴環境の変化に対応した新たな放送サービスの高度化により、視聴者の利便性や放送サービスの社会的価値が向上することが期待されております。
 本事業では、4K放送コンテンツの同時配信や視聴データを活用したサービス等、ブロードバンドを活用した新たな放送サービスの高度化に向けた技術課題の検証を行うため、放送事業者等による実証の公募を、請負主体を通じて実施し、事業企画を選定しました。
 

2 選定結果

 平成29年6月5日(月)から同年6月19日(月)までの間、本事業の請負主体である株式会社 三菱総合研究所が公募を行ったところ、外部評価の結果を踏まえ、13件の事業企画を選定しました。
 
○ 「ブロードバンドの活用による放送サービスの高度化に向けた技術等検証」事業の採択について
  (下記URL参照。)
  http://www.mri.co.jp/smarttv2017result/
 

【関連報道資料】

○ 「ブロードバンドの活用による放送サービスの高度化に向けた実証」事業に係る公募
  (平成29年6月5日)
  http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu04_02000067.html
連絡先
情報流通行政局情報通信作品振興課
担当:清重課長補佐、兼子主査、中村主査、佐々木官
電話:03−5253−5739
FAX :03−5253−5740
 

ページトップへ戻る