総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 「フューチャースクール推進事業」の実証研究に係る請負先と実証校の決定

報道資料

平成22年8月6日

「フューチャースクール推進事業」の実証研究に係る請負先と実証校の決定


総務省は、「フューチャースクール推進事業」の実証研究(「『東日本地域におけるICTを利活用した協働教育の推進に関する調査研究』及び『西日本地域におけるICTを利活用した協働教育の推進に関する調査研究』」(※参考参照))について、請負先と実証校が確定しましたので、お知らせします。

 

○『東日本地域におけるICTを利活用した協働教育の推進に関する調査研究』の請負先と実証校

 ・請負先

    エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ(株)

 

 ・実証校

  石狩市立紅南小学校(北海道)

  寒河江市立高松小学校(山形県)

  葛飾区立本田小学校(東京都)

  長野市立塩崎小学校(長野県)

  内灘町立大根布小学校(石川県)

 

○『西日本地域におけるICTを利活用した協働教育の推進に関する調査研究』の請負先と実証校

 ・請負先

    (株)富士通総研

 

 ・実証校

  大府市立東山小学校(愛知県)

  箕面市立萱野小学校(大阪府)

  広島市立藤の木小学校(広島県)

  東みよし町立足代小学校(徳島県)

  佐賀市立西与賀小学校(佐賀県)

 

<参考>

・『東日本地域におけるICTを利活用した協働教育の推進に関する調査研究』及び『西日本地域におけるICTを利活用した協働教育の推進に関する調査研究』

学校現場でICTを利活用し、児童がお互いに学び合い、教え合う「協働教育」を推進するため、公立小学校を対象に、タブレットPC(全児童1人1台)やインタラクティブ・ホワイト・ボード(全普通教室1台)、校内無線LANの整備、協働教育プラットフォーム(教育クラウド)の構築等のICT環境を構築し、「協働教育」の実現のために必要な情報通信技術面を中心とした課題を抽出・分析する実証研究。

 

<関係報道資料>

・「ICTを利活用した協働教育推進のための研究会」の開催(平成22年5月24日)

  http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02ryutsu05_02000013.html

 

連絡先

情報流通行政局情報通信利用促進課

担当:小林課長補佐、中村主査、

    大手係長、布川主任

電 話:03−5253−5685(直通)

FAX:03−5253−5745

ページトップへ戻る