総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 「「次世代学校ICT環境」の整備に向けた実証(スマートスクール・プラットフォーム実証事業)」に係る提案公募の結果

報道資料

平成29年10月13日

「「次世代学校ICT環境」の整備に向けた実証(スマートスクール・プラットフォーム実証事業)」に係る提案公募の結果

 総務省では、「「次世代学校ICT環境」の整備に向けた実証(スマートスクール・プラットフォーム実証事業)」を実施するにあたり、実証事業に係る提案公募を平成29年8月18日(金)から同年9月19日(火)まで行いました。このたび、提案があった取組について、外部有識者による評価を経て、実証団体候補を決定しましたのでお知らせします。

1 事業の概要

 総務省では、平成26年度から平成28年度にかけて「先導的教育システム実証事業」を実施し、児童生徒や教員等が、多種多様なデジタル教材・ツールを、いつでも、どこでも利用でき、かつ低コストで導入・運用可能な、クラウド技術を活用したシステム「教育クラウド・プラットフォーム」に関する実証を行い、参考仕様を取りまとめました。
 本実証では、「教育クラウド・プラットフォーム」や、これら授業・学習系システムと校務系システムの連携システム「スマートスクール・プラットフォーム」を学校現場において円滑に活用するための基盤となる、次世代学校ICT環境整備の在り方を整理することを目的とした実証事業に係る提案を公募しました。

2 結果

 平成29年8月18日(金)から同年9月19日(火)まで公募を行ったところ、16団体から提案があり、外部有識者による提案内容の評価を行い、別添PDFのとおり実証団体候補を決定しました。

<関係報道資料>
・「「次世代学校ICT環境」の整備に向けた実証(スマートスクール・プラットフォーム実証事業)」に係る提案公募開始(平成29年8月18日(金))
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu05_02000103.html

<参考資料>
「「次世代学校ICT環境」の整備に向けた実証」の概要PDF
連絡先
総務省 情報流通行政局 情報流通振興課 情報活用支援室
(担当)坂本課長補佐、小林調査員
(電話)03−5253−5685(直通)
E-mail:jyourika_atmark_ml.soumu.go.jp

※迷惑メール対策のため、「@」を「_atmark_」と表示しております。 送信の際には、「@」に変更してください。

ページトップへ戻る