総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 「地域ICTクラブ」地域実証事業に係る採択候補の決定

報道資料

令和元年7月10日

「地域ICTクラブ」地域実証事業に係る採択候補の決定

 総務省では、「地域ICTクラブ普及推進事業」に係る企画案の公募を行い、外部有識者による評価会の結果を踏まえ、採択候補(17件)を決定しました。
 また、「地域ICTクラブの設立・運営に関するガイドライン(初版)」を策定しました。

1.事業概要

 本事業では、地域で児童生徒や地域住民(社会人、高齢者、障害者を含む。)がプログラミング等のICT/IoTを楽しく学び合い、新しい時代の絆を創るための仕組み(地域ICT クラブ)を構築する実証実験を行う。

2.公募の結果

 (1)公募期間 平成31年4月9日〜令和元年5月17日
 (2)応募件数 68件(自治体、NPO法人、民間企業などから提案)

3.採択候補の決定

 (1)総務省において、「地域ICTクラブ推進会議」を開催し、外部委員による評価も参考に、下記のとおり採択候補(17件)を選定。
 (2)選定では、事業内容のモデル性(目的)、実施体制の適切性、事業の継続可能性、成果の普及・展開の可能性、コストパフォーマンス等に着目。
参考:「地域ICTクラブ推進会議」委員PDF
 

4.ガイドライン

 地域ICTクラブを新しく設立・運営する方の参考となるよう「地域ICTクラブの設立・運営に関するガイドライン(初版)」を策定しました。今後、随時改訂して参ります。
 こちらからダウンロードできます。PDF

採択候補

エリア 協議会名
(代表団体名)
分類 事業概要
(1.実施地域、2.概要)
【北海道】
北海道
くしろI.Cityクラブ推進協議会
(一般社団法人学校地域協働センターラポールくしろ)
(1)(4) 1.釧路市
2.地域学校協働本部を中心としたステップアップ型モデル
【東北】
秋田県
秋田県地域ICTクラブ推進協議会
(一般社団法人みらいキャリア研究所)
(4)(6)(8) 1.湯沢市、東成瀬村、大仙市、横手市
2.産官学連携して、同一教材で県内広域に展開する広域連携モデル
【東北】
宮城県
みやぎ三世代プログラミング協議会
(一般社団法人コード・フォー・ジャパン)
(2)(3) 1.仙台市
2.障害者アートに息を吹き込む児童・障害者・高齢者交流モデル
【関東】
茨城県
いばらきICTクラブ
(シャープマーケティングジャパン株式会社)
(3)(4) 1.茨城町、牛久市、つくば市
2.コミュニケーションロボットを使った障害児を含む他地域間交流モデル
【関東】
神奈川県
中二小プログラミング学習クラブ協議会
(愛川町立中津第二小学校)
(1)(5) 1.愛甲郡愛川町
2.世界大会を目指すトップ人材育成モデル
【信越】
長野県
たかぎICTクラブ
(一般社団法人たかぎスポーツクラブ)
(4) 1.下伊那郡喬木村
2.スポーツクラブの一部としての地域ICTクラブモデル
【北陸】
富山県
とやま地域ICTクラブ推進協議会
(富山県教育工学研究会)
(1)(3)(4) 1.富山市、滑川市、高岡市
2.協働とインクルーシブな活動×ICT支援員モデル
【東海】
岐阜県
郡上市地域ICTクラブ協議会
(特定非営利活動法人HUBGUJO)
(8)(9) 1.郡上市
2.複数地域をオンラインで結び同時活動する遠隔活動モデル
【東海】
愛知県
ICT Gift協議会
(グランドライフ株式会社)
(3)(10) 1.東海市・名古屋市東区
2.留学生メンターと外国籍児童、障害のある児童が一緒に楽しむ共生社会モデル
【近畿】
大阪府
東大阪モノづくりICTクラブ協議会
(株式会社コノエ)
(4)(6)(7) 1.東大阪市、大阪市住之江区
2.ものづくり×ICTの地場産業の後継者育成モデル
【近畿】
兵庫県
淡路市ICTクラブ協議会
(あわじ次世代テック推進会)
(2)(3)(5) 1.淡路市
2.多彩な講座を地域全体で楽しむ世代間交流モデル
【中国】
広島県
あきたかたSTREAM教育フォーラム
(ふるさとネットやすらぎ会 あきたかたモノ作り広場 事業)
(8) 1.安芸高田市
2.動画教材を活用してメンターの負担を軽くする中山間地域型モデル
【四国】
高知県
高知ICTクラブ推進協議会
(高知みらい科学館(高知市教育委員会))
(4)(5) 1.高知県
2.科学館と高専との連携を中心とした新しいIoT人材育成モデル
【九州】
熊本県
熊本市防災ICT人材育成協議会
(一般社団法人SCBラボ)
(4)(5)(9) 1.熊本市
2.「防災」をキーワードに地域の力を結集する地域課題解決型モデル
【沖縄】
沖縄県
おきなわICTクラブ運営協議会
(一般社団法人おきなわジュニア科学クラブ)
(2)(3)(10) 1.沖縄市、宜野湾市
2.こどもの居場所づくりと連携し、STEM教育を展開する地域ICTクラブモデル
【広域】 クラスジャパン地域ICTクラブ 「元気学校」推進協議会
(一般財団法人クラスジャパン教育機構)
(8) 1.東京都豊島区、東京都渋谷区、大阪府八尾市、愛知県名古屋市、
   鹿児島県鹿児島市
2.他地域のフリースクールとネットワーク上で共同作業に取り組むオンライン型モデル
【広域】 ジュニアビレッジ運営協議会
((株)JTB)
(2)(6)(9) 1.静岡県菊川市、千葉県柏市、神奈川県横須賀市
2.農業×ICTの人材育成モデル
 
(1) ステップアップ(TOP人材育成)  (2) 多世代交流  (3) 障害者のICT習得支援連携
(4) 小中学校・学童・社会教育施設連携  (5) 大学・高専等の地域貢献  (6) 地場産業の後継者育成
(7) 地元企業や商店街等による街づくり・活性化  (8) 離島連携等の遠隔教育・広域連携
(9) 地域課題解決  (10)国際交流、外国人との交流等


【参考HP】
平成31年度「地域ICTクラブ」地域実証事業の公募
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu05_02000127.html
連絡先
<連絡先>
情報流通行政局情報流通振興課情報活用支援室
担当:坂平課長補佐、岡田主査、藤森主任
電話:03−5253−5743(直通)
E-Mail:ictclub_atmark_soumu.go.jp
※ 迷惑メール対策のため、「@」を「_atmark_」と表示しております。
送信の際には、「@」に変更してください。

ページトップへ戻る