総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > G空間シティ構築事業「成果報告会」の開催

報道資料

平成27年2月25日

G空間シティ構築事業「成果報告会」の開催

 総務省では、平成25年度補正予算「G空間シティ構築事業」の実証プロジェクトの成果を発表するとともに、関係者等との意見交換を通じ、本事業の成果の他地域への普及展開を図ることを目的として、「成果報告会」を開催いたします。

1 背景

 総務省では、G空間情報(地理空間情報)のICTによる利活用を促進し、防災力の向上及び地域活性化を達成するため、「G空間シティ構築事業」を実施しています。昨年7月に、「世界最先端のG空間防災モデル」及び「先進的・先導的なG空間利活用モデル」について、10件(※)を採択いたしました。

 (※)代表提案団体は、東北大学災害科学国際研究所、湘南広域都市行政協議会、立命館大学、徳島県、北九州市、
    人吉市、岩見沢市、(株)横須賀テレコムリサーチパーク、(公財)京都高度技術研究所、久米島町。

 今般、実証プロジェクトの成果を発表するとともに、関係者等との意見交換を通じ、本事業の成果の他地域への普及展開を図ることを目的として、「成果報告会」を開催することといたしました。当日は、各実証団体による成果の報告及び関係者等との意見交換を行います。

 

2 開催概要

(1)日 時:平成27年3月19日(木)14:30-18:00(予定)
 
(2)会 場:TKPガーデンシティ永田町 バンケットホール1C
       (東京都千代田区平河町2-13-12 東京平河町ビル1階)
 
(3)内 容(予 定):
 
 ○各実証団体による成果報告及び意見交換1(14:30-15:45)
  立命館大学、徳島県、北九州市、人吉市
 
 ○各実証団体による成果報告及び意見交換2(15:55-17:10)
  岩見沢市、(株)横須賀テレコムリサーチパーク、(公財)京都高度技術研究所、久米島町
 
 ○各実証団体による成果報告及び意見交換3(17:10-17:55)
  東北大学災害科学国際研究所、湘南広域都市行政協議会

 

3 傍聴の申込方法

 傍聴を御希望の方は、平成27年3月12日(木)17:00までに、Eメールにて、事前のお申込みをお願いします。
 
 ・連絡先:「G空間シティ構築事業 成果報告会」事務局((株)野村総合研究所内)
       gict-reg/atmark/nri.co.jp
       (送信の際は「/atmark/」を「@」に変更してください。)

 ・件 名:「G空間シティ構築事業/成果報告会/傍聴希望」

 ・内容:1.会議名 2.氏名 3.職業(お勤めの方は勤務先) 4.連絡先(Eメールアドレス、電話番号)
 
 ※ 傍聴希望者が多数の場合は、傍聴者を制限させていただきますので、予め御了承ください。
   傍聴できない方には、締切後、お申込みいただいた連絡先に御連絡を差し上げます。
   なお、傍聴可能な方には特段通知等はいたしません。
 ※ なお、当日13:30より同一会場において「G空間×ICT推進会議(第7回会合)」を開催する予定です。
   傍聴を御希望の方はこちらを御参照ください。(別途お申込みが必要です。)

 

4 関係報道等資料

 ・G空間シティ構築事業
  http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/top/local_support/02ryutsu06_03000054.html
 ・G空間シティ構築事業ウェブサイト
  http://www.g-city.go.jp/index.html別ウィンドウで開きます
 ・G空間×ICT推進会議
  http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/gkukan-ict_suishin/index.html
 ・平成25年度補正予算「G空間シティ構築事業」に係る委託先候補の決定
  http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000062.html
 ・G空間シティ構築事業「地域報告会」の開催
  http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000071.html別ウィンドウで開きます
 ・G空間プラットフォームの構築
  http://www.nict.go.jp/social/plan/gspace.html

 
連絡先
 総務省 情報流通行政局 地域通信振興課
 担当:村上課長補佐、廣瀬推進係長、隅田官
 TEL:03-5253-5758
 FAX:03-5253-5759

ページトップへ戻る