総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 「地域IoT実装推進ロードマップ(改定)」の公表

報道資料

平成30年4月25日

「地域IoT実装推進ロードマップ(改定)」の公表

 総務省は、平成28年9月から「地域IoT実装推進タスクフォース」(座長:須藤 修 東京大学大学院情報学環教授)を開催しています。今般、同タスクフォース(第6回)における議論を踏まえ、新たに「子育て分野」を重点分野として追加した「地域IoT実装推進ロードマップ(改定)」が取りまとめられましたので、公表します。

1 経緯

 IoT、ビッグデータ、AI等は、地域の住民・行政・企業のデータ利活用による住民サービスの充実、地域における新たなビジネス・雇用の創出等のメリットを実現し、地域の課題解決を図るための効率的・効果的なツールとして強く期待されています。
 総務省では、IoT等の本格的な実用化の時代を迎え、これまでの実証等の成果の横展開を強力、かつ、迅速に推進するため、平成28年9月から「地域IoT実装推進タスクフォース」を開催し、検討を進めてきました。今般、同タスクフォース(第6回)における議論を踏まえ、新たに「子育て分野」を重点分野として追加した「地域IoT実装推進ロードマップ(改定)」が取りまとめられましたので、公表します。
 

2 公表資料

<関係資料>

○地域IoT実装推進タスクフォース(第6回)(平成30年3月5日)
 (http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/chiiki_iot/02ryutsu06_04000131.html
連絡先
情報流通行政局地域通信振興課
(担当:前田補佐、佐藤係長、米内官、真鍋官)
電話:03-5253-5756  FAX:03-5253-5759
e-mail:chiiki-iot/atmark/ml.soumu.go.jp
 ※迷惑メール防止のため、「@」を「/atmark/」と表記しています。
 ※上記アドレスへの広告宣伝メールの送信は禁止します。

ページトップへ戻る